[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳シェルバコワ、38度発熱跳ね返していた V3達成に「欠場せず闘った自分自身に感謝」

フィギュアスケートのロシア選手権は26日、女子フリーが行われ、アンナ・シェルバコワ(ロシア)が183.79点をマーク。計264.10点とし、大会3連覇を達成した16歳だが、実はショートプログラム(SP)の演技の前に38度の熱が出ていたという。母国メディアが報じている。

アンナ・シェルバコワ(写真は1月のもの)【写真:Getty Images】
アンナ・シェルバコワ(写真は1月のもの)【写真:Getty Images】

SP直前に発熱、フリーの前に欠場勧められるも拒否して優勝

 フィギュアスケートのロシア選手権は26日、女子フリーが行われ、アンナ・シェルバコワ(ロシア)が183.79点をマーク。計264.10点とし、大会3連覇を達成した16歳だが、実はショートプログラム(SP)の演技の前に38度の熱が出ていたという。母国メディアが報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 シェルバコワは高熱に見舞われながらも頂点に立っていた。ロシアメディア「sports.ru」は「ロシア選手権のSPでシェルバコワは38度の熱とともに演技した。フリーの前に体温を測ることを彼女は拒んだ」と見出しをとって報じている。

 記事では現地の報道を引用する形でレポート。SPのウォーミングアップ前に体温を測った結果、38度の熱があったと伝えている。

 そんな状況でリンクに立ったSPではノーミス演技で80.31点をマーク。トップに立つと、フリーではコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏から欠場を提案されたというが、本人が拒否する形で演技に臨み、見事に優勝して見せた。

 シェルバコワは11月下旬に体調を崩し、グランプリシリーズのロシア杯を欠場。肺炎と診断されていた。新型コロナウイルスの検査は陰性だったことも、記事では伝えている。

 また同じく母国メディア「sport24.ru」によると、シェルバコワは優勝を決めた後に「私は単純にとても幸せです。これに関わったすべての人にとても感謝します。そして、欠場せず闘った自分自身に感謝します。すべてうまく行きました!」と話していたという。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集