[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鳥栖U-15が3年ぶり中学年代日本一 延長の末、決勝弾の先田颯成「出来るだけ早く世界へ」

中学生年代の日本一を決める、高円宮杯JFA第32回全日本U-15サッカー選手権大会は27日に味の素フィールド西が丘で決勝戦を行い、サガン鳥栖U-15(九州第2代表)が延長戦の末に鹿島アントラーズつくばジュニアユース(関東第3代表)を2-1で破り、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

3年ぶりの優勝を飾った鳥栖U-15【写真:平野貴也】
3年ぶりの優勝を飾った鳥栖U-15【写真:平野貴也】

高円宮杯全日本U-15選手権大会、鹿島アントラーズつくばJYとの死闘制す

 中学生年代の日本一を決める、高円宮杯JFA第32回全日本U-15サッカー選手権大会は27日に味の素フィールド西が丘で決勝戦を行い、サガン鳥栖U-15(九州第2代表)が延長戦の末に鹿島アントラーズつくばジュニアユース(関東第3代表)を2-1で破り、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 激闘だった。前半7分、鳥栖U-15は高精度のロングフィードを武器とするDF林奏太朗(3年)が蹴ったFKを左DF北島郁哉(3年)が頭で合わせてゴール。早々に先制点を奪った。鳥栖U-15は中盤、最終ラインでしっかりと相手にプレッシャーを与えながら追加点を狙ったが、鹿島つくばJYは、慌てることなく冷静にパスをつなぎ、サイド攻撃を展開。両サイドバックの攻撃参加からゴール前にセンタリングを送り込んで同点弾を狙った。

 前半18分にはFW末原治優人(3年)のシュートがクロスバーをたたいた。また、183センチ81キロとひと際目立つ巨躯を誇るDF大山幸路(3年)が足下で巧みにボールを捌き、セットプレーで攻撃参加するとゴール前で相手をかわしてチャンスを作り出すなど技術を見せ、観衆を沸かせた。

 後半に入ると、鹿島つくばJYは3人を一気に交代。根本裕一監督は「本来なら多くのゲームがあった中、今年はコロナ禍でリーグ戦が9試合。最後、何とかして3年生をやり切らせたかった。彼らが何とか、この舞台をつかみ取ったので、3年生全員で日本一を獲ってほしかった。戦術的な意図はない」と話したが、投入されたFW木下優希(3年)がポストプレーで好機を量産するなど、攻撃強化で試合の流れを完全につかんだ。

 大山のヘディングシュートがクロスバーをたたくなど何度もゴールに襲い掛かり、後半26分、右サイドから主将の小倉幸成(3年)が投げたロングスローから、こぼれ球を拾った背番号10の平山京吾(3年)が鋭角からシュートを突き刺して、同点に追いついた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集