[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4角で逃げ馬がまさかの逸走 波乱のホープフルSにネット騒然「画面から消えた…」

競馬の2歳G1ホープフルステークス(中山・芝2000メートル)は26日、川田将雅騎手騎乗の1番人気のダノンザキッド(牡2、栗東・安田)が制した。3冠馬コントレイルが昨年に勝った出世レースを無傷の3連勝で制したが、レースは4角で逃げたランドオブリバディが逸走する波乱の展開に。ネット上のファンは勝ち馬の強さとともに、まさかのハプニングに「直線先頭から画面から消えた…」「歴史的大事件」と騒然となった。

ホープフルステークスは1番人気のダノンザキッドが制した(写真はイメージです)
ホープフルステークスは1番人気のダノンザキッドが制した(写真はイメージです)

ランドオブリバティが逸走、完勝のダノンザキッドには「大物登場」と期待の声

 競馬の2歳G1ホープフルステークス(中山・芝2000メートル)は26日、川田将雅騎手騎乗の1番人気のダノンザキッド(牡2、栗東・安田)が制した。3冠馬コントレイルが昨年に勝った出世レースを無傷の3連勝で制したが、レースは4角で逃げたランドオブリバディが逸走する波乱の展開に。ネット上のファンは勝ち馬の強さとともに、まさかのハプニングに「直線先頭から画面から消えた…」「歴史的大事件」と騒然となった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 暮れの中山で驚きのシーンが待っていた。レースは2番人気のランドオブリバティがスローペースで逃げる展開。抜群の手応えで4角から直線に向こうとした時だった。鞍上の三浦皇成騎手の手綱に反し、ランドオブリバティが外に膨らんで逸走。そのまま隊列の先頭から外れ、画面外に消えた。代わって直線で早々に先頭に立ったのは1番人気のダノンザキッド。そのままオーソクレースら2着以下を押し切り、G1初勝利を飾った。

 結局、ランドオブリバティは競走中止に。G1では珍しい逃げ馬の逸走という波乱のレースにネット上のファンは騒然。「直線先頭から画面から消えた…」「歴史的大事件」「あんなこともあるんだね」「人馬共に心配」と驚きとともに人馬を案ずる声が相次いだ。一方、無傷の3連勝を飾ったダノンザキッドについては「来年のクラシックが楽しみ」「大物登場」「川田騎手の涙にもらい泣き」と祝福と期待の声が上がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集