[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノーミスのトルソワが得点伸びず4位 プルシェンコ氏は“ブーイングポーズ”で不満顔

フィギュアスケートのロシア選手権は25日、女子ショートプログラム(SP)で3連覇を目指す16歳アンナ・シェルバコワが80.31点で首位発進した。一方で優勝候補の一角、16歳アレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技だったが、得点が伸びず4位発進。キス・アンド・クライでコーチのエフゲニー・プルシェンコ氏が“ブーイングポーズ”を見せるシーンもあった。

エフゲニー・プルシェンコ氏【写真:Getty Images】
エフゲニー・プルシェンコ氏【写真:Getty Images】

ロシア選手権女子SPで75.76点、PCSは35.41点にとどまる

 フィギュアスケートのロシア選手権は25日、女子ショートプログラム(SP)で3連覇を目指す16歳アンナ・シェルバコワが80.31点で首位発進した。一方で優勝候補の一角、16歳アレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技だったが、得点が伸びず4位発進。キス・アンド・クライでコーチのエフゲニー・プルシェンコ氏が“ブーイングポーズ”を見せるシーンもあった。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 トルソワは冒頭の2回転アクセル、両手を上げた3回転フリップを着氷。さらに、こちらも両手を上げてルッツ―トウループの連続3回転も決めた。ステップ、スピンも含め、大きなミスなくまとめ、演技後は会場から大歓声。本人に笑みがこぼれ、コーチのプルシェンコ氏も満足げな表情で拍手を送った。

 ただ、得点は75.76点。すでに80点超えをマークしていたシェルバコワらに続き、この時点で3位に。演技構成点(PCS)は35.41点にとどまった。プルシェンコ氏は右手の親指を立てて下に向ける“ブーイングポーズ”で反応。得点に対する不満を表したようだ。しかし、首位のシェルバコワとの点差は4点あまり。4回転ジャンプを持つトルソワなら十分な射程圏。26日のフリーで逆転を目指す。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集