[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

死んだふりから豪快KO 海外格闘技の“どんでん返し集”に米興奮「最初のやつ頭良すぎ」

格闘技の華の1つは豪快なKO。それも劣勢を跳ね返してのものならば、見るものはより興奮する。米メディアが過去に起きた大逆転劇を「最高の大どんでん返し」として映像付きで紹介。これに米ファンは「最初のやつ頭良すぎ」「これはクレイジーだ」などと衝撃を受けているようだ。

スコット・スミス(奥)がピート・セルに「どんでん返し」KO勝ち【写真:Getty Images】
スコット・スミス(奥)がピート・セルに「どんでん返し」KO勝ち【写真:Getty Images】

米メディアが過去に起きた逆転KO集公開「最高のどんでん返し」

 格闘技の華の1つは豪快なKO。それも劣勢を跳ね返してのものならば、見るものはより興奮する。米メディアが過去に起きた大逆転劇を「最高の大どんでん返し」として映像付きで紹介。これに米ファンは「最初のやつ頭良すぎ」「これはクレイジーだ」などと衝撃を受けているようだ。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 熊に襲われたら死んだふり――。効果のほどはともかく、そんな通説はよく知られているところだが、格闘技でも有効なのかもしれない。2ラウンドだ。スコット・スミス(米国)はピート・セル(同)の左フックをボディーに受け思わず悶絶。だが、これはフェイクだった。次の瞬間だ。

 腹を抱えていたスミスを、セルが仕留めに来た局面。急に立ち上がったスミスは、思い切り振るった右フックを顔面に着弾。カウンター気味に被弾したセルはキャンバスに尻餅をつき立ち上がれない。レフェリーが試合をストップ。華麗な2回KO勝ちだった。

 2006年11月に行われた1戦を含む、5つの大逆転劇に再び脚光を浴びせたのは、米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」。公式インスタグラムで「最高の大どんでん返し」と添えて投稿すると、米ファンは「最初のはエサだな」「凄い!!」「最初のやつ頭良すぎ」「1本目のKOパンチ美しい」「これはクレイジーだ」「これは現実離れしてる」などと衝撃を受けているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集