[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

空手形・清水希容が全日本V8ならず 五輪金候補がまさか「このままじゃ五輪勝てない」

東京五輪で新採用される空手の全日本選手権が13日、東京・日本武道館で行われ、女子形で2014、16年世界選手権連覇の清水希容(ミキハウス)が女子最多タイの8連覇を逃し、準優勝に終わった。決勝で大野ひかる(大分市消防局)に敗戦。仮想の敵を倒すことを目的とし、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める競技で、東京五輪に内定している金メダル候補の27歳がまさかの敗北を喫した。

空手の全日本選手権で8連覇を逃した清水希容【写真:浜田洋平】
空手の全日本選手権で8連覇を逃した清水希容【写真:浜田洋平】

東京五輪金メダル候補が8連覇を逃す

 東京五輪で新採用される空手の全日本選手権が13日、東京・日本武道館で行われ、女子形で2014、16年世界選手権連覇の清水希容(ミキハウス)が女子最多タイの8連覇を逃し、準優勝に終わった。決勝で大野ひかる(大分市消防局)に敗戦。仮想の敵を倒すことを目的とし、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める競技で、東京五輪に内定している金メダル候補の27歳がまさかの敗北を喫した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 決勝は大野が27.42点、清水が26.94点だった。わずか0.48差の決着。敗れた清水は「自分の気持ちの弱さ。稽古してきたことは間違っていないとは思います。それでも五輪までに課題がある。久しぶりの大会でかなり緊張して探り探りだった。連覇を自分で切ってしまったので、ただただ悔しい。このままじゃ五輪でも勝てない。自分の中でも負けるのではないかというのがあった。この結果を深く受け止めて課題を埋めたい」と振り返った。

 大野は初優勝で涙。「本当にここまで来るのに時間がかかった。応援してくださった皆さんのおかげ」と声を震わせた。

 形は相手と直接対決せず、仮想の敵を倒すことが目的。世界空手連盟(WKF)の認定する形リスト(約100種類)から1つを選択して演武を行う。選択した形は一つの大会で一度ずつしか使えない。技の正確性、力強さ、表現力、スピード、リズム、バランス、極めなどを審判7人による採点方式で競う。

 清水は8人による予選ラウンドを1位通過。4人のうち1人が決勝に進めるランキングラウンドでは、スーパーリンペイを披露して勝ち進んだ。決勝は得意形のチャタンヤラクーサンクーで敗れた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集