[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上監督が24分死闘の両者労い 阿部へ「丸山の想い背負って」丸山へ「これを糧に成長を」

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に勝利した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。男女14階級で唯一日本代表が決まっていなかった階級で、阿部が歴史的ライバル対決を制し、五輪初切符を手にした。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

男子日本代表の井上康生監督【写真:全日本柔道連盟提供】
男子日本代表の井上康生監督【写真:全日本柔道連盟提供】

史上初のワンマッチ代表決定戦を視察「素晴らしい試合内容で闘ってくれた」

 柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に勝利した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。男女14階級で唯一日本代表が決まっていなかった階級で、阿部が歴史的ライバル対決を制し、五輪初切符を手にした。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 歴史的な一戦は歴史的な死闘で決着を迎えた。序盤から組み手を取ろうとする両者。無観客試合で息づかいも聞こえるほど静かだ。丸山が内股を仕掛けるが決まらない。阿部も果敢に投げに行った。残り1分27秒で丸山に指導。あっという間に息詰まる4分間の激闘を終え、ゴールデンスコア方式の延長に突入した。延長開始32秒、丸山が肩車を打つ。阿部が積極的に仕掛ける中、同1分50秒で再び丸山に指導がついた。直後に阿部にも1つ目の指導。延長12分に入る直前、阿部に2つ目の指導。丸山の道着は指を負傷した阿部の血で染まる。

 永遠に続くかのように思えた激闘の決着は延長20分頃だった。阿部が大内刈りを仕掛けたシーンが技ありに。魂をぶつけ合い、本戦を合わせておよそ24分の超死闘を制し、五輪代表の座を奪い取った。阿部は決着直後から顔をくしゃくしゃにして涙を流した。試合を見届けた男子日本代表の井上康生監督が中継局のインタビューに答え、「まずは阿部選手、丸山選手、素晴らしい試合を見せてくれたことに心から感謝したいと思うし、彼らは全てを懸けてこの場に立ったと思う。勝敗は決まってしまったけど、素晴らしい試合内容で戦ってくれた」と両者を労った。

 長い代表選考が終わったことについては「本当に正直な気持ちですが、五輪という本戦でこの戦いを見られればという気持ちでいる。ただ、これは叶わないのは承知している」と話した上で「阿部に丸山の思いを背負って本戦で戦ってくれると思うし、丸山はこれを糧にしてさらなる成長を見せてくれるんじゃないかと思う」とそれぞれに期待した。

 改めて24分間を戦った両者について「24分の試合はもちろん、ここまでの過程を陰ながら見させてもらった。彼らはこの一戦に向け、日々努力し、様々なことを犠牲にして、ここまで全力を尽くて戦ってくれた。勝負の世界なので、勝ち負けは決まってしまいますが、必ず彼らの成長につながると思う。改めてご苦労様と伝えたい」と語った。

 阿部の強さについては「今、そのコメントは出せる状況じゃない」と声を上ずらせ、「改めて、それは話をしたい。2人の戦いが素晴らしかったというだけ」と強調した。今後の日本代表強化に向けても気合いは十分。「我々はこの予選に戦うために集まっているわけじゃない。代表は7人しか選ばれないけど、代表としての誇りを胸に、またここまで築き上げてくれた仲間、様々な人のために自覚、責任をもって戦っていきたい。本戦は皆さんに元気と勇気を当たられるような戦いをしたいと今日の試合で改めて誓った部分もある」と話した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集