[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義を倒せるなら… ベルデホの狙いは統一王者ロペス「明確なメッセージを送る」

ボクシングの前東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)にWBOインター王座決定戦(米ラスベガス)でIBF世界同級5位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)と対戦する。10日(同11日)は両者が記者会見に臨んだ。

フェリックス・ベルデホ【写真:Getty Images】
フェリックス・ベルデホ【写真:Getty Images】

日本時間13日に中谷と激突するベルデホが意気込み「戦略も練ってきた」

 ボクシングの前東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)にWBOインター王座決定戦(米ラスベガス)でIBF世界同級5位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)と対戦する。10日(同11日)は両者が記者会見に臨んだ。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 中谷にとっては昨年7月にテオフィモ・ロペス(米国)に判定負けして以来、1年半ぶりの再起戦となるが、いきなりタフなマッチメークとなった。

 27歳のベルデホはアマで106勝、ロンドン五輪にも出場したアマエリート。2012年にトップランクからプロデビュー。将来の王者候補として脚光を浴びてきた。2018年に初黒星を喫したが、再起後は4連勝を飾っている。

 ロペスとフルラウンド打ち合った中谷を前にし、ベルデホは闘志の炎を燃やしているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ベルデホ:ナカタニをKOすればテオフィモ・ロペスに対して明らかなメッセージを送ることになるだろう」と題した記事で、ベルデホの意気込みを伝えている。

「彼(テオフィモ・ロペス)は(中谷戦で)勝利のためにやるべきことをやった。次は自分がやるべきこと全てをやって勝利を手にする番だ。ジムでハードワークし、(中谷の)スタイルを研究し、戦略も練ってきた。12月12日にショーを見せて勝つ準備はできている」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集