[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【体操】内村航平の連覇を世界はどう報じたのか 世界的に知れ渡る「キング」の異名

【体操】内村航平の連覇を世界はどう報じたのか 世界的に知れ渡る「キング」の異名

リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で史上4人目の連覇を達成した内村航平(コナミスポーツ)。絶対王者の大逆転劇を世界はどう報じたのか。

20160813_uchimura

内村は「キング」―、圧倒的知名度を誇る絶対王者

 リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で史上4人目の連覇を達成した内村航平(コナミスポーツ)。5種目目までオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)にリードを許しながらも得意の鉄棒で0.901点差を大逆転。連覇とともに、団体総合と合わせ2冠を達成した。現在、世界選手権も6連覇中で、2009年以降は8年連続で個人総合王者の座を守っている。

 その絶対王者の大逆転劇を世界はどう報じたのか。

 オーストラリアの地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」電子版は「いかにして、内村航平はリオ五輪で史上最高の体操選手となったのか」との見出しで特集記事を掲載。その中で、記者は「私は史上最高を目撃するために、ここにやってきた。(競泳の)フェルプスではない。(陸上の)ボルトでもない。キングなのだ。本当にキングと呼ぶべきはわずかしか存在しない」とレポートしている。

 米国代表のマイケル・フェルプスは今大会4つの金メダルを獲得。史上最多となっている自身の通算金メダル獲得数を22個に伸ばした。また、ジャマイカのウサイン・ボルトは今大会、陸上男子短距離で前人未到の3種目3連覇がかかっている。その超人たちの中で、内村は「キング」と評されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー