[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9つのグラブを一気貫通 1600km超速球に米衝撃「50回は見た」「兵器だ」「怖すぎる」

剛速球には夢がある。現在、人類最速と言われているのは米大リーグ(MLB)、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が計測した105.1マイル(約169.1キロ)。カージナルスのジョーダン・ヒックス投手も同じ球速を記録している。夢の170キロ台到達へと近づいているが、米国では実に10倍、1000マイル(約1610キロ)の超速球が話題を呼んでいる。MLBが実際の動画を公開すると、米ファンには「兵器だ」「魅力的じゃない。怖すぎる」などと驚きが広がっている。

1600キロの球が発射された(写真はMLB公式ツイッターのスクリーンショット)
1600キロの球が発射された(写真はMLB公式ツイッターのスクリーンショット)

スピードに耐え切れずボールも粉々に…超剛球が米で話題

 剛速球には夢がある。現在、人類最速と言われているのは米大リーグ(MLB)、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が計測した105.1マイル(約169.1キロ)。カージナルスのジョーダン・ヒックス投手も同じ球速を記録している。夢の170キロ台到達へと近づいているが、米国では実に10倍、1000マイル(約1610キロ)の超速球が話題を呼んでいる。MLBが実際の動画を公開すると、米ファンには「兵器だ」「魅力的じゃない。怖すぎる」などと驚きが広がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 まるで戦車のような巨大なマシンから発射されたボール。球速はなんと1000マイルだ。少し先に置かれた人型の人形の胸付近をボールが直撃すると、そのまま貫通していく。あまりの衝撃にスローで撮影された映像では穴の開いた位置から外へ向けて、波打つように波紋が広がっている。

 そして壁に当たるとボールも耐え切れず、粉々に砕け散ってしまった。ほかにもキャッチャーミットを突き破り、木端微塵にするものや、9個並べたグラブをあっという間に貫通させるものなど、まさに衝撃映像と呼ぶにふさわしい。

 この動画は39歳のロケット工学者であるデスティン・サンドリン氏が、登録者数918万人を超える自身のYouTubeチャンネル「スマーター・エブリデイ」で公開したもの。MLBが公式ツイッターで引用し、さらに反響が広がっている。

「時速1000マイルで発射された野球ボール。非常に魅力的だ」と記された投稿には米ファンから「誰も生き残らない」「ランディ・ジョンソンが鳩にぶつけたのを思い出す」「今年1番の映像」「50回は見た」「魅力的じゃない。怖すぎる」「2021年のサイ・ヤング賞の候補」「兵器だ」「ヤンキースなら契約しそう」などと注目が集まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集