[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、「オールMLBチーム」入りを地元局絶賛「MLBは彼の努力を認めた」

 米大リーグ(MLB)で昨年から表彰がスタートした両リーグのベストナイン「オールMLBチーム」が9日(日本時間10日)に発表され、カブスのダルビッシュ有投手がファーストチーム(1位チーム)に選出された。現地メディアでも「MLBは彼の努力を認めた」と高く評価されている。

ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュの快挙に地元局も歓喜「権威ある栄誉を与えた」

 米大リーグ(MLB)で昨年から表彰がスタートした両リーグのベストナイン「オールMLBチーム」が9日(日本時間10日)に発表され、カブスのダルビッシュ有投手がファーストチーム(1位チーム)に選出された。現地メディアでも「MLBは彼の努力を認めた」と高く評価されている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 ダルビッシュが輝かしい栄誉を手にした。「オールMLBチーム」は先発投手5人、リリーフ投手2人、DHを含む各ポジション1人ずつを選出。ダルビッシュはトレバー・バウアー(レッズ)、シェーン・ビーバー(インディアンス)、ジェイコブ・デグロム(メッツ)、マックス・フリード(ブレーブス)とともに選ばれた。

 このニュースを受け、米地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は「サイ・ヤング賞級の働きをしたカブスのユウ・ダルビッシュが2020年のオールMLBチームに選出された」とのタイトルで記事を掲載している。

 今季12試合に先発しリーグ最多の8勝(3敗)、同2位の防御率2.01をマークしたダルビッシュ。サイ・ヤング賞投票でもバウアーに次ぐ2位の得票を集めていたが、「カブスのユウ・ダルビッシュは2020年、サイ・ヤング賞を争う活躍をしたが、MLBは彼の努力を認め、権威ある栄誉を与えた」と伝えている。

 オールMLBチームは2019年から表彰がスタート。ダルビッシュは日本人史上初の快挙となった。またツインズの前田健太投手もセカンドチーム(2位チーム)の先発5人に選出されている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集