[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

114秒圧巻の“年間最高KO候補” UFC戦慄右ストレートに米再脚光「エクセレント」

米最大の総合格闘技「UFC」で6月に生まれた“114秒KO”が再脚光を浴びている。ネバダ州ラスベガスで行われた「UFC250」。バンタム級の試合ではショーン・オマリーが元WEC王者エディ・ワインランド(ともに米国)に勝利。強烈な右ストレートを食らわせ、初回1分54秒で相手を沈めた。UFCが当時のシーンをPR動画として公開すると、現地ファンからは「凄いパンチだ」「口ひげへの襲撃」などと反響が寄せられている。

ショーン・オマリー【写真:Getty Images】
ショーン・オマリー【写真:Getty Images】

6月にオマリーが決めた一発にファン「クレバーなKOだ」

 米最大の総合格闘技「UFC」で6月に生まれた“114秒KO”が再脚光を浴びている。ネバダ州ラスベガスで行われた「UFC250」。バンタム級の試合ではショーン・オマリーが元WEC王者エディ・ワインランド(ともに米国)に勝利。強烈な右ストレートを食らわせ、初回1分54秒で相手を沈めた。UFCが当時のシーンをPR動画として公開すると、現地ファンからは「凄いパンチだ」「口ひげへの襲撃」などと反響が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 元王者を仕留めた。虹色ドレッドヘアのオマリーは初回から攻める。回転廻し蹴りを繰り出した直後、再び対峙した次の瞬間だ。踏み込み、強烈な右ストレートをズドンとお見舞い。もろに顎を捉えた一撃で、ワインランドは意識が刈り取られたかのようにダウンした。

 背中から倒れ、目がうつろとなったワインランド。レフェリーが駆け寄り、試合終了を告げた。開始からわずか114秒のKO勝ちに、勝者はドヤ顔で悠々と歩いている。

 今年6月の試合で生まれたシーンの実際の映像を、UFCは「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」のPR動画として公式インスタグラム公開。文面には「立ち去った。ショーン・オマリーのこの一打は年間最高KOに値するか?」とつづられている。

 衝撃的KOを目の当たりにした米ファンからは「クレバーなKOだった」「確実にノミネートはされる」「エクセレントだ」「絶対にそうだ」「凄いパンチだな」「クリーンヒット」「口ひげへの凄い衝撃だ」「もちろんだ」などと反響が寄せられている。

 26歳のオマリーは8月の試合でマルロン・ヴェラ(エクアドル)にTKO負けしたものの、この試合までは総合格闘技デビューから12連勝を続けていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集