[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

未だ続く賛否 ATPの「アンダーサーブ・オブ・ザ・イヤー?」に海外「許していいの?」

今季のテニス界で物議をかもしたアンダーサーブ。ATPツアーはインスタグラムで「アンダーサーブ・オブ・ザ・イヤー?」と題し、23歳のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が9月のハンブルク・オープンで放ったアンダーサーブに脚光。動画を公開すると、ファンからは再び賛否の声が上がっている。

アレクサンダー・ブブリク【写真:AP】
アレクサンダー・ブブリク【写真:AP】

「アンダーサーブ・オブ・ザ・イヤー?」と題してATPツアーが脚光

 今季のテニス界で物議をかもしたアンダーサーブ。ATPツアーは公式インスタグラムで「アンダーサーブ・オブ・ザ・イヤー?」と題し、23歳のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が9月のハンブルク・オープンで放ったアンダーサーブに脚光。動画を公開すると、ファンからは再び賛否の声が上がっている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 9月のクリスチャン・ガリン(チリ)戦だった。第1セット、ゲームカウント3-2で迎えたブブリクのサービスゲーム。トスを上げるかと思いきや、目線は地面に向けたままアンダーサーブを放った。緩い球に完全に意表を突かれたガリンは咄嗟に前に出たが、全く追いつけず。すると、身振り手振りの怒った様子で何かをアピールしている。ブブリクは得意げに笑った。

 当時も賛否の声が上がっていたが、今回ATPツアーが「アンダーサーブ・オブ・ザ・イヤー?」とつづり再び脚光を浴びせると、コメント欄では海外ファンが思い思いの意見を書き込んでいる。

「ナイスだった」「かなり面白い」「どれくらいこれを練習してきたんだろう?」「俺も採用する!」などという好意的な声が上がる一方で、「このままアンダーサーブを許していいの?」「リスペクトがないね」「アンダーサーブは試合から除くべきだ」「三流プレー」などと辛らつな声も同程度あった。

 アンダーサーブをめぐってはラファエル・ナダル(スペイン)が「自分にとっては議論の余地はない」と完全支持し、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)もナダルの意見を支持するなど、テニス界で大きな話題を呼んでいた。

 ルール上は問題ないプレー。しかし未だに議論は続いているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集