[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、同組で“ウッズ勝負服”着用が米話題「赤と黒でかましたマツヤマがウッズ撃破」

松山、同組で“ウッズ勝負服”着用が米話題「赤と黒でかましたマツヤマがウッズ撃破」

米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ3日目は2日(日本時間3日)、松山英樹(レクサス)は復帰戦のタイガー・ウッズ(米国)と同組で回り、6バーディー、6ボギーの出入りの激しいゴルフでイーブンパーの「72」。ウッズの“勝負服”の赤シャツ&黒パンツでラウンドし、“本家”のスコア「75」を上回った。米メディアは「赤と黒でかましたマツヤマがウッズを撃破」と特集し、ウッズから「ナイスカラーだね」と突っ込まれたことを紹介している。

同組で珍事? ウッズの代名詞“赤×黒”ウェアを着用、本家も称賛「ナイスカラー」

 米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ3日目は2日(日本時間3日)、松山英樹(レクサス)は復帰戦のタイガー・ウッズ(米国)と同組で回り、6バーディー、6ボギーの出入りの激しいゴルフでイーブンパーの「72」。ウッズの“勝負服”の赤シャツ&黒パンツでラウンドし、“本家”のスコア「75」を上回った。米メディアは「赤と黒でかましたマツヤマがウッズを撃破」と特集し、ウッズから「ナイスカラーだね」と突っ込まれたことを紹介している。

 レジェンドのお株を奪うかのような、いで立ちだった。赤いシャツに黒のパンツをまとった松山は強風に苦しみ、6ボギーを叩きながら、3連続を含む6バーディーを奪い、イーブンパーにまとめてみせた。赤×黒の組み合わせといえば、ウッズの“勝負服”として知られているが、この日は上下黒だった“本家”の「75」を上回って18ホールを終えた。

 米ゴルフ専門メディア「ゴルフ・ダイジェスト」は「赤と黒でかましたマツヤマがウッズを撃破」と見出しを打って特集し、松山のウェアに注目。「赤と黒を象徴とするタイガーとペアで並ぶことがわかった時、それは完璧なものとなった」と紹介している。

 当然、ウッズ本人も気になったようだ。ラウンド前に開口一番、「ナイスカラーだね」と褒めたといい、一方の会釈した松山も「もちろん、あなたは明日、この服でいくんでしょう?」と冗談を交えて返答したという。そして、大勢のギャラリーが注目する中でウッズを上回るスコアをマークしてみせた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー