[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

198cm70kgの規格外ボクサー、2m超えリーチで圧巻TKO 米驚愕「子供を殴ってるみたい」

ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)が5日(日本時間6日)、米テキサス州で行われた元WBC同級王者ダニー・ガルシアとの同級タイトルマッチに登場し、判定勝ちで王座防衛した。今週末の米ボクシング界の注目カードとなったが、その前座で登場した選手が話題を呼んでいる。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。相手とのあまりの体格差に「なんでこれが合法なの?」「この腕の長さは不公平だ」との声まで上がっている。

圧倒的な体格差で2回TKO勝ちしたセバスチャン・フンドラ【写真:AP】
圧倒的な体格差で2回TKO勝ちしたセバスチャン・フンドラ【写真:AP】

スペンスJr.の前座に登場したSウェルター級フンドラが「反則級」と話題に

 ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)が5日(日本時間6日)、米テキサス州で行われた元WBC同級王者ダニー・ガルシアとの同級タイトルマッチに登場し、判定勝ちで王座防衛した。今週末の米ボクシング界の注目カードとなったが、その前座で登場した選手が話題を呼んでいる。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。相手とのあまりの体格差に「なんでこれが合法なの?」「この腕の長さは不公平だ」との声まで上がっている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 リングに聳えるフンドラが圧巻の戦いを演じた。身長は198センチ、リーチは203センチ。69.85キロ以下のスーパーウェルター級で規格外のサイズを誇る22歳は身長183センチ、リーチ188センチのアメドに対し、長い手足を生かし、優位に試合を進める。決着は2回。ガードの上からお構いなしに攻めるフンドラはアッパー、フック、ストレートとあらゆる角度から打ち込んでいく。そして、完全に手が出なくなったアメドは防戦一方。最後はコーナーに追い詰め、ラッシュを見舞うと審判がたまらず、試合を止めた。

 長身も相まって、これまでもプロスペクトの1人として名前が挙がる存在だったが、この日は1年3か月ぶりの試合となった米国のスター選手の一人、スペンスJr.の前座とあって、初めてその存在を知ったファンも多かった様子。米スポーツチャンネル「DAZNニュース」のアンドレアス・ヘイル記者はツイッターで「これはバカげてる。まるで小さな子どもを殴っているようだ。フンドラが問題だ」というコメントとともに、2回のTKOシーンを紹介すると、目の当たりにしたファンも驚いている。

 コメント欄には「彼は階級を間違えている」「凄い才能だ」「彼はNBAポイントガードのサイズだ」「これには爆笑した。小枝を折るみたいだな」「なんでこれが合法なの?」「このリーチじゃ、ほぼ“ズル”だな」「セバスティアン・フンドラは文句なしのビースト」「この階級でこのリーチはアンフェア」「この腕の長さは不公平だよ…」などの声が上がり、“反則級”との見方が広がっていた。これでフンドラは17戦16勝(11KO)1分とデビュー以来の無敗をキープ。来年以降の飛躍が楽しみな逸材だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集