[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、1年経っても消えない井上尚弥の衝撃「とんでもない根性を持つ偉大な選手だ」

ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、19日に米コネチカット州アンカスビルで前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。“フィリピンの閃光”の異名で知られる38歳は、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で対戦したWBAスーパー&IBF世界同級王者の井上尚弥(大橋)について「マジで最高な男なんだ」と改めて称賛している。WBSS公式サイトが報じている。

ドネア(左)はWBBSバンタム級決勝で井上尚弥と死闘を演じた【写真:荒川祐史】
ドネア(左)はWBBSバンタム級決勝で井上尚弥と死闘を演じた【写真:荒川祐史】

再起戦を迎えるドネア、昨年11月のWBSS決勝で井上に感じた凄さとは…

 ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、19日に米コネチカット州アンカスビルで前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。“フィリピンの閃光”の異名で知られる38歳は、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で対戦したWBAスーパー&IBF世界同級王者の井上尚弥(大橋)について「マジで最高な男なんだ」と改めて称賛している。WBSS公式サイトが報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 WBSSの頂上決戦で井上と拳を交えたドネア。戦前はモンスター有利という下馬評だったが、強烈なフックなどで井上を追い詰めた。ダウンを奪われ、判定負けを喫したが、海外メディアには年間最高試合に選ばれるなど、「ドラマ・イン・サイタマ」と称される名勝負を演じた。

 WBSS公式サイトによると、ドネアは決勝前の心境について「私は自分の能力を疑ったことはない。自分より上の存在を認めていない。この青年(井上)相手に負けたり、ノックアウトされると感じたことはなかった」と下馬評を他所に密かに自信に満ち溢れていたと回顧。激闘から1年経った今でも、戦いぶりには手応えを感じていると語っている。

「あの青年を追い込んだ。誰もできなかったことだ。カットさせて、ダメージも与えた。彼は素晴らしいパンチで応酬してきた。自分としては効いてはいるが、このダメージで負けることはない。耐えられたし、好勝負になるだろうと感じていた。本当に楽しめたんだ」

 井上は2回にドネアの左フックを被弾。目の上を切り、鼻骨と眼窩底骨折というダメージも負ったが、屈することなくドネアを破った。ドネアは「彼にダメージを与えたが、彼は偉大で、マジで最高の男なんだ。リング上でとんでもない根性を持っている偉大なファイターなんだ」と衝撃を受けた井上の強靭なメンタルを改めて称賛している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集