[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上に敗戦マロニー、来春母国でビッグマッチ熱望「ウーバーリかカシメロと戦いたい」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に敗れた、ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。双子の弟のアンドリューとともに現在は帰国し、シドニーでの2週間の隔離期間が終わったようだが、来年4月に母国でビッグマッチを行いたい意向を持っているという。現地メディアが報じている。

井上尚弥に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
井上尚弥に敗れたジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

母国に帰国、隔離期間明けのインタビューで今後を展望

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に敗れた、ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。双子の弟のアンドリューとともに現在は帰国し、シドニーでの2週間の隔離期間が終わったようだが、来年4月に母国でビッグマッチを行いたい意向を持っているという。現地メディアが報じている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 井上を相手に7回KO負けを喫したが、一歩も引かぬ勇敢な戦いぶりが称賛されたジェイソン・マロニー。すでに再起へ向けた意思は示していたが、改めて具体的なプランに言及している。

 オーストラリアのボクシング専門メディア「Aus-Boxing」公式ツイッターは隔離期間が明けた直後のマロニー兄弟のインタビューを動画で公開している。

 隔離期間について問われたジェイソンは「長い2週間だったよ。しかしこれで家に戻り、家族に会えるんだ。5か月間会っていなかったからね。大きな犠牲を払ってきたんだ。でも隔離生活を弟と楽しんだんだ」と振り返り、久々に家族に会える安堵感を滲ませている。

 読書やYouTubeなどで動画を視聴し、兄弟で2週間過ごしていたというジェイソン。インタビュアーから「イノウエへの挑戦は失敗に終わりましたが、次のステップに向けて、トップランク社から何か言われていたりしますか?」という問いかけには、こう明かしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集