[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「あまりに支配的」 米名物女性プロモーターがPFP3傑選出「彼は本物よ!」

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高めているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。ボクシング界では珍しい米国の女性プロモーターも「あまりに支配的」と絶賛。PFPで3傑に選出している。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

ミシェル・ロサドさんが独自PFPで3位にランク付け

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高めているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。ボクシング界では珍しい米国の女性プロモーターも「あまりに支配的」と絶賛。PFPで3傑に選出している。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 米放送局「ショータイム」などボクシング中継でも人気を博すアナウンサー、ブライアン・カスター氏の公式YouTubeに登場したのは女性プロモーターのミシェル・ロサドさんだった。「現在のPFPトップ5」という質問に対して強豪たちの名前を並べた。

 1位に選出したのはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)。「最も安定しているファイターでスキルも一番」「最高のフィニッシャー」と絶賛。接戦がないことなども評価していた。

 2位は4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。「カネロの方が戦績は上かもしれないけれど、物議を醸した判定や何回か禁止薬物使用問題もあった」と過去の問題に注目していた。

 そして、ロサドさんが3位に選んだのは「Naoya Inoue」だった。

「3位はスペンス、ではなくて、モンスター! 3位はイノウエよ。彼は複数階級に渡り、あまりに支配的」と絶賛。「イノウエ」の発音にやや苦闘しながらも、3階級制覇王者の強さを「本物よ!」と手放しで称賛していた。

 4位にはWBC&IBF世界ウェルター級王者のエロース・スペンスJr.、5位には世界4団体ライト級統一王者のテオフィモ・ロペス(ともに米国)を選出したロサドさん。井上の実力に太鼓判を押していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集