[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンとの再戦に興味 東京Dで“初めて破った男”が言及「機会あれば歓迎したい」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(米国)は先月28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスでエキシビションマッチを行い、15年ぶりのリング復帰を果たした。大きな注目を浴びたタイソンは、かつての因縁の相手から対戦を熱望されるなど、次のステップに話題が移っている。かつて東京ドームで対戦し、大番狂わせを起こした元王者もタイソンについて「機会があれば(再戦を)歓迎したい」と話している。米紙が報じている。

マイク・タイソン氏【写真:AP】
マイク・タイソン氏【写真:AP】

1990年2月、東京Dでタイソン破ったダグラスがコメント

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(米国)は先月28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスでエキシビションマッチを行い、15年ぶりのリング復帰を果たした。大きな注目を浴びたタイソンは、かつての因縁の相手から対戦を熱望されるなど、次のステップに話題が移っている。かつて東京ドームで対戦し、大番狂わせを起こした元王者もタイソンについて「機会があれば(再戦を)歓迎したい」と話している。米紙が報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 1990年2月11日、日本のファンの前で衝撃を起こした。ジェームス・ダグラス(米国)はタイソン圧倒的有利の下馬評の中で10回KO勝ち。世紀の番狂わせとして、またタイソンを初めて破った男として、今なおボクシングファンの脳裏に刻まれている。

 そんなダグラスがタイソン戦を受けて米紙の取材に答えたようだ。米紙「USAトゥデー」は「あの衝撃の番狂わせから30年、バスター・ダグラスはマイク・タイソンとの再戦を望んでいる」の見出しを打って報じている。

 ダグラスは「もちろん。機会があれば歓迎したい」と再戦へ向けて話したという。現役時代は再戦について何度も浮上していたようで、「水面下ではいつも打診されていたさ。彼らはいつも聞いてきた。『再戦しないか?』ってね。ただ真剣に話し合われることはなかった。たびたびその話が浮上するだけでね。それだけだ」と明かしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集