[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が堂々1位 “無敗王者トップ10”を英誌選出「現在のBOX界で最も爆発力誇る」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)にKO勝ち。キャリア20戦全勝と無敗記録を更新中だが、英専門誌では現役で無敗の世界王者10傑の独自格付けを特集。スーパースターを押しのけて、モンスターは堂々の1位に選出されている。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

全階級、全団体から無敗王者をランク付け「Naoya Inoue」を1位選出

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)にKO勝ち。キャリア20戦全勝と無敗記録を更新中だが、英専門誌では現役で無敗の世界王者10傑の独自格付けを特集。スーパースターを押しのけて、モンスターは堂々の1位に選出されている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

「無敗の世界王者トップ10」と特集したのは英国の専門誌「ボクシングニュース」だった。17階級4団体のベルト保持者の中から、さらに一度も負けていない“パーフェクトチャンピオン”10傑を選出した。

 そうそうたる無敗王者の中で堂々の1位は「Naoya Inoue」だった。寸評では「現在のボクシング界で最も爆発力を誇るファイターの1人。この日本のモンスターはライトフライ級、スーパーフライ級、そして、現在君臨するバンタム級でWBAとIBFタイトルを保持しているのだ」と紹介している。

 2位はWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード、3位は4団体世界ライト級統一王者のテオフィモ・ロペス、4位はWBC&IBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンスJr.(いずれも米国)ら、パウンド・フォー・パウンド(PFP)で上位に並ぶ猛者が続いている。昨年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)制覇など、現役王者を撫で斬りにしてきたモンスターの国際的評価の高さが浮き彫りになっている。

1位 井上尚弥(日本)
2位 テレンス・クロフォード(米国)
3位 テオフィモ・ロペス(米国)
4位 エロール・スペンスJr.(米国)
5位 タイソン・フューリー(英国)
6位 ガーボンタ・デービス(米国)
7位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)
8位 ジョシュ・テイラー(英国)
9位 ホセ・ラミレス(米国)
10位 ジョシュ・ワーリントン(英国)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集