[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】大谷翔平、地面スレスレを拾う芸術的1号 “変態打ち”に米仰天「なんてモンスター」

早いもので2020年も12月を迎えた。今年は新型コロナウイルスによる影響を大きく受けたスポーツ界。そんな中でも、観る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残るシーンが生まれた。そこで「名珍場面2020」と題し、今年の出来事を連日振り返っていく。今回は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手。今季初めて4番に座った7月29日(日本時間30日)のマリナーズ戦、地面スレスレのカーブをすくい上げて第1号本塁打を放った。エンゼルスが動画付きで速報すると、米ファンからは驚きの声が続々と上がった。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―7月、大谷の今季1号に現地「彼は戻ってきた」

 早いもので2020年も12月を迎えた。今年は新型コロナウイルスによる影響を大きく受けたスポーツ界。そんな中でも、観る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残るシーンが生まれた。そこで「名珍場面2020」と題し、今年の出来事を連日振り返っていく。今回は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手。今季初めて4番に座った7月29日(日本時間30日)のマリナーズ戦、地面スレスレのカーブをすくい上げて第1号本塁打を放った。エンゼルスが動画付きで速報すると、米ファンからは驚きの声が続々と上がった。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 大谷のバットから待望の一発が生まれた。4回無死一、二塁で迎えた第2打席。2ストライクと追い込まれての右腕・ダンの3球目だ。見逃せば完全にボール球。低めへというよりも、地面スレスレまで沈む80マイル(約130キロ)カーブを見事にすくいあげた。

 快音を残した打球はぐんぐん伸び右翼席へ着弾。今季第1号は、メジャー通算41号弾。飛距離402フィート(約122.5メートル)だった。エンゼルス公式ツイッターが動画付きで速報すると、米ファンからは歓喜の声が上がっていた。

「彼は戻ってきた」
「なんというモンスター」
「素晴らしい」
「パワーを与えられたイチローのよう」
「ビッグ・フライ・オオタニサン!」
「よくやった、オオタニサン!」

 投手として2季ぶりに復帰した今季は、故障により2試合の登板に終わった。打撃の方も44試合で打率.190、7本塁打、24打点と不完全燃焼のシーズンだったが、来季の巻き返しに期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集