[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山縣亮太、かつ丼で“勝つ” 来季目標は9秒台&日本新「アジアタイトル獲りたい」

山縣亮太、かつ丼で“勝つ” 来季目標は9秒台&日本新「アジアタイトル獲りたい」

陸上のリオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの山縣亮太(セイコーホールディングス)が「かつ丼」で日本記録に“勝つ”。30日、横浜市のいぶき野小で食の大切さを説くイベント「超人シェフ×超人アスリート夢のスーパー給食」に参加。色の大切さを説いた25歳は、勝負メシがかつ丼であることを明かし、来季の誓いに9秒台で日本新記録を立てた。

食イベントで勝負メシ告白「ゲン担ぎもあるけど、白米はいいエネルギーに」

 陸上のリオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの山縣亮太(セイコーホールディングス)が「かつ丼」で日本記録に“勝つ”。30日、横浜市のいぶき野小で食の大切さを説くイベント「超人シェフ×超人アスリート夢のスーパー給食」に参加。食の大切さを説いた25歳は、勝負メシがかつ丼であることを明かし、来季の誓いに9秒台で日本新記録を立てた。

 山縣は十種競技の右代啓祐、三段跳びの長谷川大悟、やり投げの新井涼平とともにイベントに参加。特別授業では各選手がデモンストレーションを披露し、子供たちと対決した。山縣は短距離対決でハンデをつけながら豪快にぶち抜き、五輪選手のスピードを披露。子供たちに「速すぎる!」と驚かせ、約2時間、楽しいひと時を過ごした。

 9月の全日本実業団対抗(長居)で、日本歴代2位タイの10秒00をマークした25歳は、来季の目標について「日本記録を目指して、アジア大会で新記録を出してタイトルを獲りたい」と宣言。9月についに桐生祥秀(東洋大)が9秒台をマークした9秒98の日本記録を塗りかえ、アジア王者のタイトル奪取をもくろんだ。

 そのための準備も抜かりはない。冬季練習については「去年は怪我に苦しんでしまったので、まずは怪我に気をつけてやっていきたい。予防というところで(怪我の)センサーを鋭くしたい」と力説。今季は右足首の故障でシーズン序盤に出遅れ、世界選手権代表を逃しただけに、万全の状態で開幕を迎えるつもりだ。

 この日のメインイベントは銀座「みちば和食 たて野」で料理長を務める舘野雄二氏が作った給食。5年生のクラスに交じって食べ、トークショーでは「勝負メシは何ですか?」と小学生に問われると「かつ丼です。ゲン担ぎもあるけど、タンパク質も油も炭水化物も取れるし、白米はいいエネルギーになる」と明かした。

 パワーの源になる「勝負メシ」とともに、山縣は2018年を進化の一年にする。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー