[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V王手の原英莉花、おにぎり食べ忘れるほど“全集中”「食べそびれちゃった(笑)」

女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。黄金世代の21歳・原英莉花(日本通運)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで2位と1打差の単独首位をキープ。初日から首位を譲らない完全優勝に王手をかけた。オンライン会見では、ラウンド中に補食のおにぎりを食べ忘れるほど“全集中”しすぎたことを明かした。

通算10アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】
通算10アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】

2020年国内ツアー最終戦第3日、原英莉花はV王手も“全集中”しすぎて…

 女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。黄金世代の21歳・原英莉花(日本通運)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで2位と1打差の単独首位をキープ。初日から首位を譲らない完全優勝に王手をかけた。オンライン会見では、ラウンド中に補食のおにぎりを食べ忘れるほど“全集中”しすぎたことを明かした。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 原はとにかくプレーに集中した。6番は105ヤードから2メートルにつけてバーディー。9番パー5では残り231ヤードからピンまで9メートルに2オン。2パットでバーディーを奪うと、11番パー5でも207ヤードから15メートルに2オンさせ、3メートルのバーディーパットを沈めた。

「本当に今日は風も強かったし、ピンポジションも難しくてスコアを伸ばせなかったけど、自分のできることをやりました」

 強風でもショットをうまくコントロール。悪条件でもプレーに集中したが、集中しすぎた場面もあった。「今日は途中でプレーに執着しすぎて食べることを忘れてしまって、後半はアップ、アップになってしまった」と吐露。いつもは持参したおにぎりをハーフターンと後半12、15番あたりで数個食べるが「それを無視しちゃって……。食べそびれちゃいました」と苦笑いした。

「6個持って来ているのですが、前半でちょこちょこ食べて、ハーフターンで2個くらい食べて、12、15番くらいでポンポンと食べるんです。正直言いますと、今日は後半に入る前も食べていないので結構食べ忘れていますね。疲れました、脳が(笑)」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集