[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳タイソンが王者の足をプルプル状態にした衝撃KO 米メディア「アリの復讐のよう」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)に元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とのエキシビションマッチに臨む。米メディアはこぞってヘビー級レジェンドの過去の足跡を取り上げ、リング復帰を盛り上げているが、放送局「CBSスポーツ」は「記憶に残る試合5選」を特集。その筆頭に衝撃KOで初タイトルを奪取した一戦を取り上げている。

1986年11月22日、マイク・タイソンはトレバー・バービックにTKO勝ちした【写真:Getty Images】
1986年11月22日、マイク・タイソンはトレバー・バービックにTKO勝ちした【写真:Getty Images】

CBSスポーツが選出、その筆頭に「ヘビー級最年少王者」となったバービック戦

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)に元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とのエキシビションマッチに臨む。米メディアはこぞってヘビー級レジェンドの過去の足跡を取り上げ、リング復帰を盛り上げているが、放送局「CBSスポーツ」は「記憶に残る試合5選」を特集。その筆頭に衝撃KOで初タイトルを奪取した一戦を取り上げている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 34年前の衝撃は色あせない。1986年11月22日、当時20歳のタイソンがWBC王者トレバー・バービック(カナダ)に挑戦したタイトル戦だった。その2回。タイソンは接近戦の連打で距離ができると、左フックをバービックの顔面に炸裂。倒れた王者は立ち上がるも足がフラフラでロープ際に倒れ、また立ち上がるも倒れ……を繰り返す。3度目に立ち上がったが、足元はおぼつかず。レフェリーが試合を止め、タイソンがTKO勝ちとなった。

 衝撃的な幕切れによって、ボクシング史に記録が生まれた。20歳5か月で世界タイトル奪取というヘビー級史上最年少のレコードに。今も世界のボクシングファンの間で語り草となっている一戦だ。「CBSスポーツ」は「元ヘビー級世界王者がキャリアの中で残した最も記憶に残る試合5選」と題した特集の中で、その筆頭に「史上最年少ヘビー級王者」の項目を紹介している。

「これは信じ難い出来事だが、実際の話だ。プロデビュー20か月後の20歳の時、故カス・ダマトトレーナーの予言通り、タイソンはWBC王者だったトレバー・バービックを2ラウンドで倒した」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集