[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、メジャー2連勝へ単独首位 渋野日向子と同組対決へ「最終戦で気合が入る」

女子ゴルフの国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは26日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕した。1998年度生まれの黄金世代・原英莉花(日本通運)が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で回り、5アンダーで単独首位発進。10月の日本女子オープンに続く国内メジャー2勝目、ツアー通算3勝目へ好スタートを切った。

5アンダーで単独首位発進を決めた原英莉花【写真:Getty Images】
5アンダーで単独首位発進を決めた原英莉花【写真:Getty Images】

国内ツアー最終戦が開幕、単独首位・原英莉花が2位・渋野日向子とV争い

 女子ゴルフの国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは26日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕した。1998年度生まれの黄金世代・原英莉花(日本通運)が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で回り、5アンダーで単独首位発進。10月の日本女子オープンに続く国内メジャー2勝目、ツアー通算3勝目へ好スタートを切った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 原が絶好の位置で初日を終えた。582ヤードの2番パー5。残り110ヤードの第3打をピッチングウェッジで入れてイーグルを奪った。「私は入ったと思っていなくて、オーバーしたと思っていました。キャディーさんが『入った、入った』と言ってましたが、『ん?』とわからなかった」と苦笑い。それでもスーパーショットで勢いに乗り、5アンダーで単独トップだ。

「序盤でイーグルが出て、凄くいい流れでプレーできた。でも、なかなかパーオンせずにアプローチで凌いでパーが多い。終始、集中力を途切れさせずにできてよかったです。最終戦ですし、自分の中でも気合が入っているのが大きい。何より楽しんでやれているし、イライラせずにできている」

 ラウンド後のオンライン会見でこう振り返った21歳。前週の大王製紙エリエールレディスは初日終了後に右膝痛で途中棄権した。しかし、鍼灸師の治療を受けて今大会を迎え「大丈夫でした」と回復ぶりを強調。ショットは自分が思い切り打てる距離ではない場面が多く、ばらつきが見られたが「アプローチがかなり好感触。それが維持できたら明日からもいいスコアになるかな」とショートゲームに自信を見せた。

 1打差の2位には同じ黄金世代の渋野日向子(サントリー)がつけた。今大会は2人1組の2サム方式。第2日の渋野とのラウンドへ「2サムは好きなので、その試合を楽しめたらなと思います」とウキウキ。「今週のコースは練習ラウンドでも好感触だった。メジャータイトルという思いは大きいし、気合は入っているけど、コースに対してのプレーをすればまたいいプレーができると思います」とメジャー2連勝を狙う。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集