[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード、試合直後に敗者と“KO回顧” 称え合う2人に米反響「ブルックに敬意を」

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。リングを降りた後、両者がTKOシーンなどについて談笑する動画を米興行大手・トップランク社が公開。互いをリスペクトする様子に、現地ファンからは「最高!」「ブルックに敬意を示さないと」などと反響が寄せられている。

試合はクロフォードがブルックにKO勝利【写真:Getty Images】
試合はクロフォードがブルックにKO勝利【写真:Getty Images】

クロフォードとブルックが健闘を称え合う動画をトップランク社が公開

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。リングを降りた後、両者がTKOシーンなどについて談笑する動画を米興行大手・トップランク社が公開。互いをリスペクトする様子に、現地ファンからは「最高!」「ブルックに敬意を示さないと」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 試合を終え、健闘を称え合った。ローブ姿のクロフォードとジャージに着替えたブルック。右手で固く握手をし、勝利したクロフォードが「大丈夫かい」と声をかけると、ブルックは「君は本当に良いボクサーだ」と賛辞を送った。クロフォードはクッキーのようなお菓子を食べながら和やかに会話。TKOにつながった強烈なカウンターの右について褒められると「言っただろ?(笑)」と周囲の笑いを誘った。

 動画2本目では、クロフォードは「俺は君を捕らえようとし、君は俺を捕らえようとしたけど、君が中に入ってこないから、『マジかよ』ってね。だから自分のゲームプランを変えなきゃならなかったんだ」と試合展開について言及。11日(同12日)のフェイスオフでは約2分間も睨み合っていた両者だが、最後はグータッチを交わし“和解”した。

 実際の動画をトップランク社公式インスタグラムが公開。互いを称賛した2人について「真の紳士的行動」と文面につづった。米ファンからは「最高!」「リスペクト」「他のボクサーみんなが避けた試合に臨んだブルックに敬意を示さないとね」「お互いに敬意を示している」「素晴らしいスポーツマンシップだ」「ナイス」などと反響が寄せられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集