[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーの相手は「日本人」 階級、ルールはどうなる…主催者「双方納得の形に」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が16日、神奈川・横浜市内のホテルに集まった報道陣を前にリモート会見し、来年2月28日に東京ドームで新設の格闘技イベント「MEGA2021」に参戦することを発表した。対戦相手は未発表だが、日本人を予定。リングに立つのは2018年大晦日以来2年2か月ぶり、日本では2度目となる。主催者は相手やルールについて言及した。

MEGA製作委員会の代表取締役で職務執行責任者の徳弘浩平氏【写真:浜田洋平】
MEGA製作委員会の代表取締役で職務執行責任者の徳弘浩平氏【写真:浜田洋平】

メイウェザーが那須川戦以来の試合、リモート会見で正式発表「また努力をする」

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が16日、神奈川・横浜市内のホテルに集まった報道陣を前にリモート会見し、来年2月28日に東京ドームで新設の格闘技イベント「MEGA2021」に参戦することを発表した。対戦相手は未発表だが、日本人を予定。リングに立つのは2018年大晦日以来2年2か月ぶり、日本では2度目となる。主催者は相手やルールについて言及した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 メイウェザーがリングに戻ってくる。しかも舞台は再び日本だ。世界中が最大級盛り上がるイベントを目指し、「MEGA」と冠された興行。主催のMEGA製作委員会はメイウェザーの相手だけでなく、その他のカードも「色々な格闘技団体のチャンピオンクラスの選手」にオファー予定という。

 MEGA製作委員会の代表取締役で職務執行責任者の徳弘浩平氏は、同ホテルで会見。「相手は日本人選手。一番盛り上がる試合にしたい」と日本人の格闘家から選定していく方針。気になる試合形式については「試合ルールは相手が決まっていないので決まってから考えたい。ルールは非常に大事なので、双方が納得する形にしたい」と話すにとどめた。

 チケット販売、放送、その他対戦カードについては決定次第、随時発表を予定。適正な新型コロナウイルス対策を講じた上で開催し、収益の一部を医療従事者に寄付するとした。

 プロボクシングで50戦全勝の戦績を誇るメイウェザーは、2018年大晦日にさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.14」でキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)とエキシビションマッチで対戦。3分×3回のボクシングルールで初回2分19秒の圧勝劇を演じ、ファイトマネーは10億円と言われていた。那須川戦以来のリングとなる。

 この日は報道陣の前でリモート会見。「日本は世界の中でも素晴らしい国。東京も素晴らしい街。日本の方をエンターテインメントで楽しませたい」と意気込みを語った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集