[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V4達成クロフォード、次戦はパッキャオとビッグマッチ希望「ウェルター級でやりたい」

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗。試合後は「俺の方が強い」「パッキャオ戦ができればいい」と心境を明かした。

4度目の防衛に成功したテレンス・クロフォード【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】
4度目の防衛に成功したテレンス・クロフォード【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images.】

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗。試合後は「俺の方が強い」「パッキャオ戦ができればいい」と心境を明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 クロフォードが世界屈指の実力を見せつけた。4回開始40秒でカウンターからダウンを奪取。再開後、足が止まったブルックをコーナー付近に追い詰め、左右のラッシュをお見舞いした。防戦一方の挑戦者に対し、レフェリーが止めてTKOだ。

 18年6月にWBO世界ウェルター級王座に就き、11か月ぶりのリングで4度目の防衛。試合後のインタビューでは「いい距離を取られていた。リズムをつかむまでに時間がかかった。最初はショットが決まらなかった。ケルは才能に恵まれた選手。王座奪取はできなかったけど、連勝して試合に臨んで自信があったはず。でも、俺の方が強かった」と振り返った。

 クロフォードは、権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位にランク。次戦については「パッキャオ戦ができればいい。コロナ禍でうまく進まず、今回はブルックに落ち着いた。ウェルター級でできるならやりたい」とコメント。6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)とのビッグマッチを希望した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集