[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード、鮮烈4回TKOでV4達成 井上尚弥に次ぐPFP3位の破壊力で無傷37連勝

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗となった。

テレンス・クロフォード【写真:AP】
テレンス・クロフォード【写真:AP】

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が14日(日本時間15日)、米ラスベガスで元IBF同級王者ケル・ブルック(英国)に4回途中TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。クロフォードの戦績は37勝(28KO)、ブルックは39勝(27KO)3敗となった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 クロフォードが強さを見せた。劣勢に見えたものの、4回の開始40秒でカウンターからダウンを奪うと、一気に猛攻。再開後、足が止まったブルックに対してコーナー付近に追い詰め、左右のラッシュを仕掛けて相手を防戦一方に。最後はレフェリーが止め、TKOとなった。

 スーパーライト級時代の2017年8月に史上3人目(現5人)となる主要4団体統一の快挙を達成。18年6月にWBO世界ウェルター級王座に就き、11か月ぶりのリングで4度目の防衛となった。

 クロフォードは、権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位にランク。1位にカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、2位にWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がつけている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集