[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、22歳誕生日に好プレー パット復調に喜び「今夜はブリの照り焼き(笑)」

女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディス最終日は15日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で行われた。この日22歳の誕生日を迎えた渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、2ボギーの69で回って通算4アンダー。42位からホールアウト時点で暫定24位とした。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

伊藤園レディス最終日、22歳誕生日の渋野日向子は4アンダー

 女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディス最終日は15日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で行われた。この日22歳の誕生日を迎えた渋野日向子(サントリー)は、5バーディー、2ボギーの69で回って通算4アンダー。42位からホールアウト時点で暫定24位とした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 渋野は出だしの10番でバーディー発進すると、11番でボギー。15番で1つ取り返した。後半は3、7、8番でバーディーとしたが、最終9番でボギー。4アンダーで終え、オンライン会見では「今日は本当にショットも凄くよかったし、パットに関してはここ最近では一番いいストロークができていたかな。特に不安もなく回れた。最後のボギーは悔しいけど、それ以外を見ると総合的によかった」と語り、こう続けた。

「昨日は凄い悔しい一日だった。でも、予選通過で気分がプレッシャーから(解放されて)ちょっと楽になった。予選落ちもしていたというプレッシャーがなくなって凄いいい感情。22歳初日に新たな気持ちで臨むことができました。ラウンド前はとにかく楽しくできたらいいなと思っていた。やっぱり楽しくなるにはスコアがよくないとダメ。できるだけ平常心を保ちながら、昨日は一打に一喜一憂してしまったので、そこをなるべく出さないようにと気を付けていました」

 今季の国内ツアーは6月の開幕戦、海外ツアー転戦を経た2週前の国内復帰戦でも予選落ちを喫したが、3戦目で初の予選通過。右足裏に痛みがある中で回り切り、この日の感触についてはこう明かした。

「ショットに関しては足がちょっと痛みがあるので、自分の中でいいスイングをしようとしたら痛みが増す状態。昨日はそれを気にして上半身で力強くいってミスをした。上半身と下半身のバランスを考えてやったらよかった。そこは自分で感心するなと。パットもストロークのリズムがよかった。落ち着いて打てたと思う。一日でどうして直ったのかわからない(笑)。自分でもビックリではありますね」

 誕生日で関係者、選手からたくさんの祝福を受けた。起床時にはSNSにコメントが殺到。「誕生日だからといって特別感はないけど、新しい年を迎えたことで心の中でも整理がついた。切り替えができたのはあるかもしれないです」と笑顔。「来年23歳を迎える時に『22歳はいい経験ができた』と言えたり、節目の年にできたらいいかなと。それの一番大きなことは米ツアーへの挑戦。そこで結果を出すために、この22歳の一年間は本当に頑張っていくしかない」と力を込めた。

 この日は実家の岡山に帰省予定。「家族と楽しくいろいろ喋りながら過ごしたいと思います。何が食べたいか聞かれたので、ブリの照り焼きって答えました(笑)。帰った初日はいつもそれなので、安定のそれでってお願いしました(笑)」と明かした。次戦は、昨年優勝した大王製紙エリエールレディス。「日本では初めてのディフェンディングの試合。日本ツアーの残り2試合の目標は、今日いい感じで回れたのでこの良さを忘れず、しっかり2試合で8日間戦いたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集