[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード、世界戦前日に異例の“大会参戦” 米記者が激写「マロニーと対戦…」 

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)は14日(日本時間15日)に米ラスベガスで元IBF世界同級王者ケル・ブルック(英国)との4度目の防衛戦に挑む。しかし、試合前日には同会場で世界戦を戦うアンドリュー・マロニー(オーストラリア)と異色のマッチを展開。その様子を米記者が動画付きで話題を集めている。

テレンス・クロフォード【写真:AP】
テレンス・クロフォード【写真:AP】

ボクシング記者がレポート「我々のピンポン・トーナメントで対戦」

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)は14日(日本時間15日)に米ラスベガスで元IBF世界同級王者ケル・ブルック(英国)との4度目の防衛戦に挑む。しかし、試合前日には同会場で世界戦を戦うアンドリュー・マロニー(オーストラリア)と異色のマッチを展開。その様子を米記者が動画付きで話題を集めている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 クロフォードが決戦前日にバトルに挑んだ。といってもリングではない。青のテーブルの前に立ち、赤のラケットを握った王者。興じているのは卓球だった。しかも相手は同じく世界戦を翌日に控えたマロニー。クロフォードはバックハンドで打ち返し、マロニーはフォアハンドで素早くレシーブを続ける。ともに器用にラリーを展開し、最後はマロニーのスマッシュがネットにかかり、関係者が集まったギャラリーから歓声が起きた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のボクシング担当のランス・パグマイア記者が実際の様子を写真と動画でツイッターに投稿。「おお、テレンス・クロフォードがビッグマッチの前夜にリラックス。我々のピンポン・トーナメントでアンドリュー・マロニーと対戦…」と関係者の大会に参戦したようで、その腕前については「クロフォードやるね!」と称えている。

 V4戦を間近に控えるクロフォード。井上尚弥(大橋)と戦ったジェイソン・マロニー(オーストラリア)の双子の弟であるアンドリューはWBA世界スーパーフライ級正規王者ジョシュア・フランコ(米国)に挑む。ともに「バブル」と呼ばれる隔離施設で試合に向けて調整してきたとみられるが、試合前日のリラックスした時間を過ごしたようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集