[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

関東第一が全国切符! 2枚看板の笠井&類家が全試合得点で計14G 監督「出来過ぎ」

2枚看板を擁する関東第一が、全国に打って出る。第99回全国高校サッカー選手権の東京都大会は14日に駒沢陸上競技場でA、B両ブロックの決勝戦を行い、Aブロックは、関東第一が3-0で日大豊山を破って3年ぶりの全国大会出場を決めた。

 全試合得点で牽引したFW笠井(左)とMF類家【写真:平野貴也】
全試合得点で牽引したFW笠井(左)とMF類家【写真:平野貴也】

東京A決勝で日大豊山を3-0で撃破、3年ぶりの全国選手権出場

 2枚看板を擁する関東第一が、全国に打って出る。第99回全国高校サッカー選手権の東京都大会は14日に駒沢陸上競技場でA、B両ブロックの決勝戦を行い、Aブロックは、関東第一が3-0で日大豊山を破って3年ぶりの全国大会出場を決めた。

 前半だけで3点を奪い、一気に勝負を決めてみせた。勝利の立役者は、チームの2枚看板と言うべき存在のFW笠井圭祐(3年)とMF類家暁(3年)だった。先にゴールを奪ったのは、類家。前半13分、前線に入れた浮き球をFWが相手と競り合うと、その背後に抜け出した類家が右足でシュートを決めて先制。すると3分後、今度は笠井が相手のボール保持者にプレッシャーをかけてルーズボールを生み出したところから、味方が連続してシュート。こぼれ球を笠井が押し込んで、すかさず追加点を奪った。

 そして、小野貴裕監督が「2-0ではなく、3-0で折り返したのが大きかった」と話すダメ押しのゴールも笠井。前半34分、左からの低いクロスに対し、鋭くニアサイドに飛び込んで右足のシュートを合わせた。笠井は、この試合の2得点を合わせて全5試合連続の8得点。類家も5戦連発の6得点。1年次から試合経験を積んできた2人が、決勝戦まで得点を奪い続けた。小野監督は「2人が全試合で点を取ってくれると思っていなくて、出来過ぎだと思いますが、チームをけん引してくれた」と2枚看板を褒め称えた。

 笠井は、中学時代はセンターバック。入学早々に小野監督が攻撃面での魅力を見つけて前線にコンバート。昨季は中盤で起用されて中長距離のパスで攻撃を組み立てていたが、今季は再び前線へ。パワーとテクニックを兼ね備え、前線でボールの収まり所となって攻撃の起点を作るだけでなく、自らどん欲にゴールを狙い、エースストライカーとしての役割を果たしている。類家も起用に複数のポジションをこなせるタイプで、この試合では終盤に笠井とツートップを組んだ。こちらもボールキープができ、2人は得点だけでなく攻撃の主軸として大きな働きを見せている。

 類家は、5試合連続で結果を残したことで、自分が果たせる役割の大きさを感じたという。試合後の場内インタビューでは「自分のゴールで勝利に貢献出来て嬉しいです。5試合(全部)で点を取ったのは自分と笠井ですが、そこに来るまでに後ろの(選手の)頑張りもある。いろいろな物を背負ってゴールを決めていると考え、ゴールの重みを感じた5試合でした」と得点の度に喜びを共有する仲間、チームの存在に言及した。

 関東第一は、2015年にインターハイ(全国高校総体)でベスト4に進出したが、高校選手権では過去2回の全国挑戦で2回戦進出が最高。主将の高木駿は「3年前の最高成績だった2回戦を自分たちの代で超えたい」と話した。全国大会の組み合わせ抽選会は16日にオンライン形式で行われる。どこが相手でも、関東第一は2枚看板を中心に過去最高成績の上書きを目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集