[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード、長過ぎ“2分間のフェイスオフ”に米興奮「まさにフェイストゥフェイス」

ボクシングのWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)は14日(日本時間15日)に米ラスベガスのMGMグランドで元IBF王者の挑戦者ケル・ブルック(英国)を迎え撃つ。11日(同12日)には両者が対面し、約2分間にもわたるフェイスオフが実現。米興行大手・トップランク社が公式ツイッターで実際の動画を公開した。

テレンス・クロフォード【写真:AP】
テレンス・クロフォード【写真:AP】

日本時間15日にタイトルマッチ、対面した両者が火花バチバチ

 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)は14日(日本時間15日)に米ラスベガスのMGMグランドで元IBF王者の挑戦者ケル・ブルック(英国)を迎え撃つ。11日(同12日)には両者が対面し、約2分間にもわたるフェイスオフが実現。米興行大手・トップランク社が公式ツイッターで実際の動画を公開した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 決戦を前に両者が至近距離で火花を散らした。ベルトを肩にかけ、黒で統一した装いのクロフォードと、半袖の白いTシャツのブルックはそれぞれマスク姿で向き合った。数十センチの距離で目線を交錯させる両者。ここからが長かった。

 目線をそらさず微動だにしない両選手。激高するような様子こそなかったが、静かに火花を散らしている。そして1分を過ぎたあたりでクロフォードが一歩近づき、鼻先がくっつきそうな距離。1分半を超えたあたりから2人は会話を始めた。最後は関係者が割って入り、両者を引き離したが異様な光景だった。

 トップランク社は公式SNSで長過ぎるフェイスオフの動画を公開。「さぁ来た。睨み合いを止めることなく、まさにフェイストゥフェイス。最初から最後まで」とつづると、これに米ファンも気持ちを高ぶらせているようで、コメントを書き込んでいる。

「チャンプ(クロフォード)がブルックを倒す」
「クロフォードは過大評価」
「いい試合になるはず」
「クロフォードにとって、初めての本物の対戦相手」
「ブルックよ安らかに眠れ」
「クロフォード準備万端!!」

 4度目の防衛戦を迎えるクロフォード。権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位につける無敗の男が元王者を相手にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。期待が高まっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集