[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥―カシメロ戦は無観客では開催困難 アラム氏が見解「入場料収入なければ…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)にKO勝ち。4団体統一へ向けて再び動き出す中、トップランク社のボブ・アラムCEOは、年明けの次戦の相手に再浮上しているWBO同級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦について、「入場料収入がなければ(ファイトマネーを)払えない」と持論。新型コロナウイルス感染拡大の現状で行われている無観客試合の形式では実現しないと見解を示している。フィリピンメディア「ビジネスミラー」が報じている。

井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥とトップランク社のボブ・アラムCEO(右)【写真:Getty Images】

トップランクのボブ・アラムCEOが3団体統一戦へ見解

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)にKO勝ち。4団体統一へ向けて再び動き出す中、トップランク社のボブ・アラムCEOは、年明けの次戦の相手に再浮上しているWBO同級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦について、「入場料収入がなければ(ファイトマネーを)払えない」と持論。新型コロナウイルス感染拡大の現状で行われている無観客試合の形式では実現しないと見解を示している。フィリピンメディア「ビジネスミラー」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ボクシングの聖地ラスベガスデビュー戦でマロニー相手に格の違いを見せつけた井上。次戦の相手として、4月25日に当初対戦予定だったカシメロや、12月に行われる元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)とWBC同級王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)によるタイトルマッチの勝者らが候補に挙がっている。

 アラム氏もモンスターの次戦について、2つの選択肢を挙げていたが、条件が存在するという。

「誰が入場料収入なしにファイトマネーを支払うというのだ。バブルの中で、カシメロ対イノウエというファイトを行うだけの余裕は私にない。ただ単に支払えない」

 トップランク社は新型コロナ感染防止のためにNBAなどと同じ「バブル」と呼ばれる厳格な隔離措置の下で、無観客試合を行っているが、入場料収入なしに3団体統一戦のようなビッグマッチを実現することは経営的に難しいと、アラム氏は主張したという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集