[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔撃破で世界最速4階級制覇 田中恒成にWBO注目、現最速は世界的レジェンド

ボクシングで日本人初の世界4階級制覇王者を達成したWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)と同級1位で元世界3階級制覇王者の田中恒成(畑中)が、12月31日に東京・大田区総合体育館で激突する。注目の日本人対決で田中が勝てば日本人2人目の4階級制覇。プロ16戦目で達成すれば世界的レジェンドを超える最速記録となる。

田中恒成【写真:畑中ジム提供】
田中恒成【写真:畑中ジム提供】

プロ16戦目で4階級制覇なら世界最速

 ボクシングで日本人初の世界4階級制覇王者を達成したWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)と同級1位で元世界3階級制覇王者の田中恒成(畑中)が、12月31日に東京・大田区総合体育館で激突する。注目の日本人対決で田中が勝てば日本人2人目の4階級制覇。プロ16戦目で達成すれば世界的レジェンドを超える最速記録となる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 日本が誇るスピードキングが偉業に挑む。田中は2018年9月に木村翔からWBOフライ級王座を奪取し、ワシル・ロマチェンコに並ぶ世界最速タイ12戦目での3階級制覇を達成。プロ転向後、異例の早さで頂点に駆け上がってきた。

 そんな25歳に主要4団体の一つ、WBOが注目。公式インスタグラムに対戦が発表された両者の画像を公開し、文面にこうつづった。

「彼は紛れもなく、この競技で最もエキサイティングな選手である。そしてこのマッチアップは絶対に盛り上がる。タナカは勝利できれば、4階級制覇王者になる。彼のように数試合でそれを成し遂げた選手は過去いない。ちなみにオスカー・デ・ラ・ホーヤが24試合で4階級制覇王者になったのが現在の記録である」

 なんと16戦目で世界4階級を制した場合、史上初の6階級制覇を達成したオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏(米国)を大幅に上回るという。複数階級制覇だけが強さを示すものではないが、田中は過去に強敵を破ってきた。さらにWBOは「31歳のイオカは10年近く世界レベルで優れている」と井岡にも注目。大晦日決戦は熱くなりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集