[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PFP1位カネロ、次戦は「12・19」が有力 難敵プラントとのS・ミドル級統一戦と米報道

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の次戦が12月19日に行われることが有力となった。相手はIBF世界スーパーミドル級王者カレブ・プラント(米国)でスーパーミドル級の統一戦となる。米メディアが報じている。

サウル・アルバレス【写真:Getty Images】
サウル・アルバレス【写真:Getty Images】

米メディアが報道「決定しつつある」

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の次戦が12月19日に行われることが有力となった。相手はIBF世界スーパーミドル級王者カレブ・プラント(米国)でスーパーミドル級の統一戦となる。米メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 カネロが昨年11月以来、久々にリングに戻ってくる見通しとなった。米専門メディア「ボクシングニュース24」は「カネロ・アルバレス対カレブ・プラントが12月19日で確定へ」との見出しで打電。両者の対戦が「12月19日に行うことが決定しつつある」と報じ、カネロは19日でも25日でも構わない意向だという。

 カネロは大型契約を結んでいたスポーツチャンネル「DAZN」とこれまでプロモートされていた「ゴールデンボーイプロモーションズ」を離脱。フリー状態となっていた。記事では「現時点で、両者は19日の開催に向けて動いている。この試合はカネロがDAZNとゴールデンボーイプロモーションから去ってから初めての試合になる」と補足している。

 現在はWBC世界ミドル級フランチャイズ&WBA同級スーパー王者、WBA世界スーパーミドル級王者の3本のベルトを持っているカネロ。対戦相手として報じられているプラントは20戦全勝(12KO)の28歳。昨年1月にベルトを手にし、以降2度の防衛に成功している。

 身長175センチ、リーチ179センチのカネロに対して、身長185センチ、リーチ188センチのプラント。体格面では不利なうえに、プラントは同級では屈指のスピードの持ち主で、実現すれば面白い試合になりそうだ。

 権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位のカネロ。2位には井上尚弥(大橋)がおり、カネロの結果次第ではランキングに変化が起きる可能性もある。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集