[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャブ一撃で悶絶 ヘビー級元王者の“46秒瞬殺KO”に米仰天「何これ!?恐ろしい」

ボクシングの元WBA世界ヘビー級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)が7日(日本時間8日)、米フロリダ州で行われたヘビー級10回戦でアレクサンダー・フローレス(米国)をわずか46秒で仕留めた。41歳のベテランが悶絶ボディーを打ち込み秒殺するシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の公式SNSが動画付きで公開。米ファンの驚きを誘っている。

ルイス・オルティス【写真:Getty Images】
ルイス・オルティス【写真:Getty Images】

オルティスはワイルダー戦の敗戦以来、1年ぶり実戦で衝撃の秒殺劇

 ボクシングの元WBA世界ヘビー級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)が7日(日本時間8日)、米フロリダ州で行われたヘビー級10回戦でアレクサンダー・フローレス(米国)をわずか46秒で仕留めた。41歳のベテランが悶絶ボディーを打ち込み秒殺するシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の公式SNSが動画付きで公開。米ファンの驚きを誘っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 オルティスは健在だ。左構えでジリジリとプレッシャーをかける元暫定王者。一気に距離を詰めて右のジャブをボディーに打ち込むと、フローレスはこらえられない。そのまま悶絶し、マットに崩れ落ちた。懸命に立ち上がろうとするが、足元がおぼつかない。レフェリーは試合続行不可能と判断し、試合をストップした。

 昨年11月にデオンテイ・ワイルダー(米国)にKO負けして以来、1年ぶりの再起戦を飾ったオルティス。PBCは公式インスタグラムで「あっという間にエスカレート! ルイス“King Kong”オルティスが46秒のボディショットで終わらせる」と添えて動画付きで公開。米ファンには驚きが広がっている。

「何これ!? 恐ろしい」
「とっとと家に帰りたかったんでしょ」
「痛ましい」
「二頭筋でヒットしてる」
「次はオルティスVSルイスを頼むー」
「ワイルダー相手にやるべきだった」

 現在WBCの3位にランクされるオルティス。猛者が揃う最重量級のトップ戦線に再び割って入れるか。今後のマッチメークにも注目だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集