[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「くよくよしても進めない」 前週予選落ちから心機一転「ショット重視したい」

女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕する。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)が5日、オンライン会見に出席。「くよくよしても前に進めない」と心機一転で国内復帰2戦目に臨むと語った。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシックが6日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕する。前週から国内ツアー復帰した渋野日向子(サントリー)が5日、オンライン会見に出席。「くよくよしても前に進めない」と心機一転で国内復帰2戦目に臨むと語った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 6月の開幕戦以来の国内ツアー復帰となった前週の樋口久子・三菱電機レディースでは初日、160ヤードの8番パー3で自身プロ2度目のホールインワンを達成するも、通算5オーバーで予選落ち。今季の国内ツアーにはこれまで2戦に出場し、まだ予選突破がないが、今大会は予選落ちがなく3日間を回れる。

「くよくよしてても前に進めない。悔しがって寝ても、次の日は新しい日が始まるので、切り替えてやっていかないといけないなというのはつくづく思います。(前週を)思い出すと悔しい気持ちもあるんですけど、課題も見つけれましたし、前より進んでいると思う場面もあった。そういうのをしっかり自分で整理して、次に向けてやっていけたらと思ってやっている感じです」。いつも通りの笑顔を浮かべながらも、真剣なトーンで現状を分析した。

 前週はアプローチ、パッティングに苦しんでスコア落とした。浮上への鍵は、そこまでの過程にあると考えている。「(課題は)先週まではアプローチだ、パットだと言っていたんですけど、打たざるを得ないその位置に持ってきたのはショット。そこを全然意識をしていなかった。いい位置に乗せることで、ダボだったのがボギーになったりすると思う。ショットに対してもかなり重視していかないといけないと思う」と話した。

 初日は畑岡奈紗、原英莉花と同組。1998年度生まれの“黄金世代”3人で回ることになった。「(畑岡は)今の私に足りないものをたくさん持っているので間近で見れるのはいい勉強になると思う。原ちゃんは日本女子オープンに勝って調子がいいと思う。2人とも飛ぶので、負けないようにと思いながらも、それに惑わされないように頑張りたいと思います」と話した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集