[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「納得いく勝ち方できた」 重圧乗り越え高みへ「ここからが第二章の始まり」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦を鮮やかに飾った井上は試合後にツイッターを更新。ファンへメッセージを送った。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

試合後にツイッターを更新「まだまだ高みを目指して頑張ります」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦を鮮やかに飾った井上は試合後にツイッターを更新。ファンへメッセージを送った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ハロウィン決戦でモンスターらしさを存分に見せた。井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾させ、この日最初のダウンを奪った。7回には、またもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

 井上は試合後にツイッターを更新。黒と赤の2本のベルトを両腕にかけ、精悍な表情で拳を握った写真とともに、こうつづっている。

「皆さん応援ありがとうございました! コロナ禍での無観客試合、初のラスベガスでの試合、ホテル隔離、色々と重圧はありましたが結果として納得のいく勝ち方ができました! ここからが第二章の始まり。まだまだ高みを目指して頑張りますのでこれからも期待してください!」

 大きな期待をかけられた中での1年ぶりの試合。無観客、怪我明けと不安要素もあったが、リングに上がれば強さだけが際立った。“第二章”デビューを飾った井上の今後が楽しみだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集