[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「史上最高の日本人」「比類なき存在」 井上尚弥、鮮烈ベガスデビューに米ファン興奮

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。米国のボクシングファンも期待通りのベガスデビューに喝采を上げている。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

「ESPN+」で全米中継、目の当たりにした米ファン感嘆

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。米国のボクシングファンも期待通りのベガスデビューに喝采を上げている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 強烈な印象を残した。井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾させ、この日最初のダウンを奪った。7回には、またもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合を終わらせた。

“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われたが、「ESPN+」で米国では生中継された。全米で見せつけたモンスターぶりに、海外ファンもツイッター上で称賛の嵐を送っている。

「ナオヤ・イノウエはスペシャルだと数年前から話題になっていた。史上最高の日本人ボクサー。比類なき存在。ボクシング界で最も偉大なジャブ。両手からセンセーショナルなパワー。まるでトーマス・ハーンズのようだ。ジャブが止まらない」
「アメージングだ。速い、パワーも。ワオ! フロイド・メイウェザーが引退後、こんなボクシングの試合にのめり込んだことはないよ」
「まじでヤバ過ぎる」
「スペシャルだ」
「ビーストだ」
「スーパースターだ」
「ナオヤはマジでモンスターだ」
「本物だな」
「ナオヤ・イノウエは掛け値無しの本物だ。あのタイミングは現実離れしてるよ」

 ハロウィンの夜にラスベガスに初上陸したモンスター。戦前からプロモートするトップランクと放送局「ESPN」の煽り通りの怪物ぶりに、目の肥えた米ファンも絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集