[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥7回KO ドネア戦の大怪我&無観客の不安一蹴「リングの上では気にならない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗。大怪我や無観客の不安説を一蹴した。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

井上尚弥が貫録ベガスデビュー、359日ぶりの試合はファイトマネー破格1億円

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗。大怪我や無観客の不安説を一蹴した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾させ、この日最初のダウンを奪った。7回には、またもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

 試合後は「上手く調整もできてリングに上がった。ラスベガスというのもあって硬くなりました。左も右もマロニー対策で練習してきたパンチなので、それをスムーズに出せました」と興奮気味にコメント。さらにマロニー対策について、こう明かした。

「(相手は)テクニックももちろん全体的なもののレベルが高いし、フルラウンドで足を動かすので攻めきらなければいけない。前半攻めに行ったけど、足も動かすし、上体も動かすのでなかなか当てられないなという印象。中盤からカウンター狙いで行きました。左ジャブもダブルで突っ込んでくる癖も凄く見て勉強していた。そこも思うように入りましたね」

 対策がハマったという井上。試合が決まった時には大声援のない無観客の雰囲気が与える精神的影響を懸念していたが「リングに上がっちゃえばそれほど気にならなかった。大丈夫でした」と問題なし。1年前のノニト・ドネア(フィリピン)戦では右目眼窩底と鼻骨を骨折し、怪我の影響も不安視されていた。しかし、貫録の勝利を飾り「(ドネアの傷は)100%完治しているので大丈夫です」と胸を張った。

 バンタム級では12月のWBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)とドネアが激突。4月に井上との対戦が予定されたが、コロナ禍で実現しなかったWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)もいる。井上は「ラスベガスの第1戦を無事にKOで飾れた。次はWBCかWBOとの試合。4団体統一を目指して頑張りたい」とベルト総取りを狙う。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集