[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をアラム氏絶賛 7回KO直後に大興奮「PFP最高の選手になる道を進んでいる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、試合直後にSNSで「PFP最高の選手になる道を進んでいる」などと絶賛を送っている。

7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】
7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Getty Images】

マロニーにKO勝ちの井上を称賛「信じられないようなパフォーマンス」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、試合直後にSNSで「PFP最高の選手になる道を進んでいる」などと絶賛を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 盤石の勝利だった。井上は上下のコスチューム、グラブも全て金色に統一して登場。序盤から強いジャブで圧力をかけ、確実にダメージを与えていく。6回、井上の左フックがマロニーの顎に着弾。この日最初のダウンを奪うと、7回にもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

 試合直後、アラム氏は自身のツイッターを更新。文面に「ファンが、素晴らしいボクサーたちによる信じられないようなパフォーマンスを見たことをうれしく思う。ナオヤ・イノウエはボクシング界のパウンド・フォー・パウンド最高の選手になる道を進んでいる途中です。その理由をたった今見たでしょう。ワオ」と戦いを絶賛した。

 井上にとっては昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、359日ぶりの試合。勝利した井上はプロ通算20勝、マロニーは21勝2敗となった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集