[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リンクに頬ずり!? メッシングの“超低ハイドロ”に海外驚愕「どう起き上がるの?」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、平昌五輪に出場したキーガン・メッシング(カナダ)が合計266.42点で3位となった。アイスリンクに頬ずりするようなハイドロブレーディングを決めた動画を国際スケート連盟(ISU)が公開すると、海外ファンからは「どうやって起き上がるの?」「クレイジーなほど普通じゃない」などと反響が寄せられている。

スケートアメリカで3位となったキーガン・メッシング【写真】:AP
スケートアメリカで3位となったキーガン・メッシング【写真】:AP

GPシリーズ第1戦、メッシングの滑りに海外「ブラボー」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、平昌五輪に出場したキーガン・メッシング(カナダ)が合計266.42点で3位となった。アイスリンクに頬ずりするようなハイドロブレーディングを決めた動画を国際スケート連盟(ISU)が公開すると、海外ファンからは「どうやって起き上がるの?」「クレイジーなほど普通じゃない」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 メッシングが魅せた。軽やかな滑りから右手を氷上につけると、左足を軸にしてリンクに顔を接近。氷に頬ずりするように見えるほど体を横向きに倒し、見事なハイドロブレーディングを披露した。難なく立ち上がったメッシングの右側頭部は、氷に触れたことで真っ白になっている。

 実際の映像をISU公式ツイッターが公開。「キーガン・メッシングは、今日行われたフリースケートの演技中に髪の毛に氷さえつけた」と文面につづられた投稿には、海外ファンからの驚きの声が寄せられている。

「ハイドロブレーディングはそれだけでメダルに値する!」
「最高のスケートね、キーガン」
「あんなに低い体勢からどうやって起き上がるの?」
「これはクレイジーなほど普通じゃない」
「今まで見た中で最高のハイドロブレードだ」
「加点だ」
「ブラボー」

 ショートプログラム(SP)でも3位だったメッシングは、このフリーで174.02点を獲得。優勝は合計299.15点をマークしたネイサン・チェン(米国)で、大会4連覇を達成している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集