[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はゴロフキンになれる PFP2位抜擢の米メディアが探る“モンスターの可能性”

海外メディアが全階級のボクサーを格付けした独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版を公表する中、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」も最新版PFPを発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が世界2位に選出。間もなくラスベガスデビューを迎えるモンスターについて、ミドル級戦線に君臨し続けてきたあるスーパースターの域に達する可能性があると分析している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

ロマチェンコ陥落に伴いPFP2位浮上、現地で高まる井上への期待

 海外メディアが全階級のボクサーを格付けした独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版を公表する中、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」も最新版PFPを発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が世界2位に選出。間もなくラスベガスデビューを迎えるモンスターについて、ミドル級戦線に君臨し続けてきたあるスーパースターの域に達する可能性があると分析している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 元世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が17日にテオフィモ・ロペス(米国)に敗れ、王座陥落したことで変動を見せたボクシング界のPFP。同メディアでは井上を、カネロこと4階級制覇王者のサウル・アルバレス(メキシコ)に続く2位に抜擢している。

 寸評ではまず31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスで行われるWBO同級1位のジェイソン・マロニー(豪州)戦に向けた注目の高まりを指摘している。

「モンスターは大一番へ向け準備ができている。日本で対戦相手を打ちのめしてきたあと、イノウエは米国での2度目のファイトのために戻ってきた。今回はESPN+で放送されるラスベガスでのカードのヘッドラインを飾る」

 スーパーフライ級時代の2017年9月に米カリフォルニア州カールソンでアントニオ・ニエベス(米国)を倒して以来となる米国のリング。記事では「この試合はそこまで食欲をそそられるものではないが、イノウエの実力を証明するためには役立つ。彼は完成した存在に見える。トップランク社はスターとして形作ろうとしている。このプロモーターがアジアから来た小柄なパワーパンチャー、パッキャオを変貌させたように」と分析している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集