[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

もはや本盗狙える!? リードを取りすぎた三塁走者に米笑撃「爆笑」「シフトやばすぎ」

米大リーグのプレーオフでリード取りすぎの三塁走者が出現した。2死満塁の場面で迎えた左打者に対し、相手内野陣が引っ張り警戒のシフトを敷き、三塁手がベースを空ける布陣に。牽制のない三塁ランナーは三塁―本塁の中間に立ち、リードを取った。実際の様子をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、「なんで本盗をしないんだ」「爆笑」「シフトやばすぎ」と話題を呼んでいる。

レイズのアダメス【写真:AP】
レイズのアダメス【写真:AP】

満塁で引っ張り警戒シフト、がら空きの三塁ランナーが取ったリードの距離は…

 米大リーグのプレーオフでリード取りすぎの三塁走者が出現した。2死満塁の場面で迎えた左打者に対し、相手内野陣が引っ張り警戒のシフトを敷き、三塁手がベースを空ける布陣に。牽制のない三塁ランナーは三塁―本塁の中間に立ち、リードを取った。実際の様子をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、「なんで本盗をしないんだ」「爆笑」「シフトやばすぎ」と話題を呼んでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 プレーオフで珍しいシーンが飛び出した。13日(日本時間14日)、レイズ―アストロズのリーグ優勝決定シリーズ第3戦、6回のレイズの攻撃だ。0-1で迎えたこの回に一挙5点を奪い、逆転に成功。なお2死満塁の場面だった。左打者の3番ロウに対し、アストロズ内野陣が動いた。引っ張りを警戒し、一二塁間に3人を置くシフトに変更。これに伴い、三塁手のブレグマンはベースを空けることに。当然、牽制球を投げることはなくなる。

 すると、三塁ランナーのアダメスはリードを取った。それも、とても大きな……。ほぼ、三本間の中間地点。27メートルある塁間で10メートル以上はベースから離れている。ライナー性の打球が襲ったらよけるのも難しそうなほど極端なリードだった。「Cut4」は公式ツイッター、インスタグラムで内野の全体をとらえた写真を公開。こんな文面を添えている。

「『オーケー、オーケー。それなら(本塁まで)半分のところまでリード取るよ』」

 驚きの様子を目の当たりにした米ファンからは「この時点で本盗だろ」「歩いて本塁行ける」「シフトやばすぎ」「爆笑」「これ最高」「なんで本盗しないんだ」「ナイス」などと喝采。結局、この場面は三振に終わり、シフトもリードも効力を発揮することはなかったが、珍しいシーンは熱戦のポストシーズンで話題を集めていた。なお、試合はレイズが5-2で3連勝を飾り、ワールドシリーズ進出に王手をかけた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集