[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

そして、彼はいなくなった… 超人中堅手の“犬神家キャッチ”に米絶賛「歴代最高だ」

米大リーグで今季を代表する事象を称える「MLBアワード」が発表され、最優秀守備賞を選出。今季NO1のファインプレーに選ばれたのは、ある外野手がグラウンドから消えてしまうという“行方不明キャッチ”だった。MLB公式ツイッターは決定的瞬間を紹介し、ファンから「歴代ベストキャッチの一つだ」と喝采を呼んでいる。

ジャクソンのキャッチがMLB最優秀守備賞に選出、伝説プレーの動画公開で再脚光

 米大リーグで今季を代表する事象を称える「MLBアワード」が発表され、最優秀守備賞を選出。今季NO1のファインプレーに選ばれたのは、ある外野手がグラウンドから消えてしまうという“行方不明キャッチ”だった。MLB公式ツイッターは決定的瞬間を紹介し、ファンから「歴代ベストキャッチの一つだ」と喝采を呼んでいる。

 そして、彼はグラウンドからいなくなった――。球史に残るキャッチを演じたのは、インディアンスのオースティン・ジャクソン外野手だった。8月1日(同2日)に行われた敵地レッドソックス戦。7-5でリードした5回の守備で事件は起きた。

 先頭に立ったラミレスは右中間に大飛球を打ち上げた。グングンと伸びる打球。本拠地のレッドソックスファンは大歓声で白球を見守った。打球はわずかにフェンスを越えそうだ。ホームランだ――。そう思った次の瞬間、中堅手のジャクソンがとんでもないプレーを演じた。

 背走しながら打球から目を切らずに追っていたジャクソン。中堅フェンスからせり出したブルペンエリアのフェンス間際まで来ると、思い切って踏み切った。そして、1.5メートルはあろうかというフェンスより高い位置で左手のグラブを精いっぱいに伸ばし、キャッチ。見事にグラブに収めてみせたが、ここからが凄かった。

 驚異のジャンプ力で腰の位置がフェンスより高く飛んでいたため、ぶつかった衝撃でクルッと回転して頭からフェンスオーバー。体ごとサク越えして、そのままブルペンに消えてしまった。突然のことに騒然とするスタジアム。マウンド上の投手はバンザイしたまま、どうなったのか唖然とした表情で見送るばかりだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集