[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

絶好調のヤ軍主砲、飛距離140m“飛び過ぎ3ラン”に米驚愕「ヤバ」「なんてスイング」

米大リーグ、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は6日(日本時間7日)のレイズとの地区シリーズ第2戦で驚愕の一撃を放った。4回に2打席連発となる3ランを左翼席上段まで運んだが、飛距離はなんと458フィート(約139.5メートル)。MLBが動画付きで速報すると、米ファンからは驚愕の反響が集まっている。

特大の3ラン本塁打を放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:AP】
特大の3ラン本塁打を放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:AP】

絶好調のスタントン、ポストシーズンは4戦連発

 米大リーグ、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は6日(日本時間7日)のレイズとの地区シリーズ第2戦で驚愕の一撃を放った。4回に2打席連発となる3ランを左翼席上段まで運んだが、飛距離はなんと458フィート(約139.5メートル)。MLBが動画付きで速報すると、米ファンからは驚愕の反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 スタントンのバットが止まらない。4点を追う4回無死一、二塁。1-1からグラスノーの甘く入ってきたファストボールを完璧に捉えた。打った瞬間それとわかる一撃。ピンポン玉のように弾かれたボールはぐんぐん伸びて、左翼席の最上段で着弾した。

 打たれたグラスノーも、ボールを目で追おうともしなかった驚愕弾は2回の第1打席に続く2打席連発だ。MLBは公式ツイッターに「スタントンがまた打った」と記して動画付きで速報すると、一気に拡散。米ファンからは続々と驚きの声が上がった。

「なんてこった」
「すげぇ」
「うわぁぁ」
「ヤバ」
「爆発だ」
「凄すぎて怖い」
「なんてスイングだ」
「ボールがかわいそう」
「まだ着弾してないんじゃないか」

 スタントンは前日の第1戦でも満塁本塁打を放っており、ワイルドカードシリーズの初戦から4試合連続本塁打となった。レギュラーシーズンでは思うような成績を残せなかった主砲だが、ポストシーズンでは手が付けられない状態になっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集