[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

試合中にガッツリ食事 女子選手が驚愕のエナジー補給「低血糖になるよりマシね」

テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間5日、4回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムント(ドイツ)が同87位ポーラ・バドサ・ジベール(スペイン)に7-5、6-2で勝利した。この試合途中、メディカルタイムアウトの時間にシグムントがベンチで“食事”をする様が話題となっている。フォークを使った“ガツガツタイム”の実際の動画を、海外メディアが公開している。

ラウラ・シグムンド【写真:AP】
ラウラ・シグムンド【写真:AP】

全仏オープン4回戦、ベンチで食事するシグムントに海外注目

 テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間5日、4回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムント(ドイツ)が同87位ポーラ・バドサ・ジベール(スペイン)に7-5、6-2で勝利した。この試合途中、メディカルタイムアウトの時間にシグムントがベンチで“食事”をする様が話題となっている。フォークを使った“ガツガツタイム”の実際の動画を、海外メディアが公開している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 シグムントは急いで食べた。相手のジベールがメディカルタイムアウトを取ったところ。バナナを片手に、関係者に何か食べるものを要求。コート外から容器を受け取り、ベンチに座ってフォークで食事を始めた。腰の治療を受ける相手をよそに、エナジーバーもガブリ。水を飲むと、ラケットでスイングを始めてゲーム再開に備えた。

 実際の動画を欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」英国版ツイッターが公開。文面に「ラウラ・シグムンド以外にこれをやる人想像できる?」とつづったほか、英公共放送「BBC」は「全仏オープン2020:ラウラ・シグムンドが試合中に食事」との見出しで記事を掲載している。

 記事では「アンパイアは後にシグムンドに対し、こんなことは今まで見たことないと話し、シグムントはお腹の調子がよくなかったため、試合前にあまり食事をとれなかったことを説明した」と紹介されている。

 シグムントは「ポテトでもライスでもなんでもよかったんだけど、とにかく炭水化物が欲しかった」とコメント。「フォークを使ってあんな風に食べているのは、多分奇妙に見えたでしょうね。でも低血糖になるよりマシね」と語ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集