[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏OPで5時間死闘の末“誤審”!? 21歳新鋭が決定的瞬間を公開「いつになったら…」

テニスの4大大会、全仏オープンは現地時間1日、男子シングルス2回戦で世界ランク11位デニス・シャポバロフ(カナダ)は101位のロベルト・カルバレス・バエナ(スペイン)にフルセット、5時間超の死闘の末に敗戦を喫した。最終盤、勝負を左右する局面でジャッジに納得がいっていない場面があるようで、21歳の新鋭は自身のツイッターで、“誤審”の決定的瞬間の画像を公開している。

抗議をするデニス・シャポバロフ【写真:AP】
抗議をするデニス・シャポバロフ【写真:AP】

納得いかないシャポバロフが実際の写真をツイッターで公開

 テニスの4大大会、全仏オープンは現地時間1日、男子シングルス2回戦で世界ランク11位デニス・シャポバロフ(カナダ)は101位のロベルト・カルバレス・バエナ(スペイン)にフルセット、5時間超の死闘の末に敗戦を喫した。最終盤、勝負を左右する局面でジャッジに納得がいっていない場面があるようで、21歳の新鋭は自身のツイッターで、“誤審”の決定的瞬間の画像を公開している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 問題のシーンは最終第5セットの第10ゲーム。シャポバロフのサービング・フォー・ザ・マッチ。30-15とリードした局面だった。シャポバロフのサーブに対して、相手の山なりのリターンは、深い位置に落ちた。アウトと判断したシャポバロフはプレーを見送ったが、これがインの判定。納得のいかないシャポバロフは主審に対し抗議に出たが、全仏オープンはボールの跡で判断されるのが通例のため、判定は覆らなかった。

 結果、この後崩れてしまい、このゲームブレークを許し追いつかれると、最後は敗戦。だがシャポバロフは試合後もこのジャッジに納得することはなかった。

 自身のツイッターではホークアイを使用したテレビ画面を投稿。はっきりとラインを割っていることが確認できる。この写真にシャポバロフは「私たちはいつになったらクレーコートでホークアイが使用できるの?」と添えて疑問を投げかけている。

 映像での検証が行われていれば結果は変わっていたかもしれない。欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」によると、「全仏オープンは4大大会で唯一のホークアイを使用しない大会だ。クレー上に残る跡を手掛かりに審判と線審によって判定が下される」とされており、ジャッジの“目”を信じる形となっていることが、シャポバロフにとっては不運だった。

 21歳が投稿したツイートには「シャポがかわいそう。不公平なジャッジ」「冗談だろ」「何年間も言われてきたことだが、チャレンジがないなんて馬鹿げている」「リツイート、リツイート。拡散して!」「いつ導入されるか、みんなが知りたいこと」「こんな悪しき伝統は終わらせないと」「なんて酷い判定」「テクノロジーが存在するのになぜ使わないんだ?」などと同情の声で溢れている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集