[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

35歳レブロン、“ブザー後”の超絶ダンクに米仰天「これ見てソファーから飛び上がった」

米プロバスケットボール(NBA)・レイカーズの“キング”ことレブロン・ジェームズは9月30日(日本時間1日)、ヒートとのファイナル第1戦に先発出場。25得点、13リバウンド、9アシストの大活躍で116-98の勝利に貢献した。前半終了直後には、カイル・クズマのシュートのこぼれを球を拾って豪快ダンクを披露。NBAが動画を公開すると、米ファンからは「ブロンすげえ」「ショータイム」などと興奮の声が上がっている。

25得点、13リバウンド、9アシストの活躍を見せたレイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】
25得点、13リバウンド、9アシストの活躍を見せたレイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】

ファイナル第1戦で25得点、13リバウンドと大活躍

 米プロバスケットボール(NBA)・レイカーズの“キング”ことレブロン・ジェームズは9月30日(日本時間1日)、ヒートとのファイナル第1戦に先発出場。25得点、13リバウンド、9アシストの大活躍で116-98の勝利に貢献した。前半終了直後には、カイル・クズマのシュートのこぼれを球を拾って豪快ダンクを披露。NBAが動画を公開すると、米ファンからは「ブロンすげえ」「ショータイム」などと興奮の声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 35歳になっても衰えを見せない。前半終了直後だ。クズマが第2クオーター(Q)終了のブザーが鳴る前にレイアップを試みた。しかしわずかに間に合わず、シュートもリングにはじかれた。すると次の瞬間だ。

 後ろからものすごい勢いで走ってきたレブロンがこぼれ球を拾い、そのまま豪快なダンクを叩き込んだ。

 ブザーが鳴った後なので、もちろん得点はカウントされず。それでも年齢を感じさせないプレーは注目を集めた。NBA公式ツイッターは「ブザー後のちょっと面白いレブロン・ジェームズ!」とつづって実際の映像を公開。目の当たりにしたファンからは「ブロンすげえ」「Goat(史上最高)」「彼が史上最高の選手である理由」「NBA、全米ブロン協会」「楽々やってるな」「ショータイム(笑)」「これはカウントされるべき…なんというリカバー!」「このダンク見てソファーから飛び上がったよ、アンビリーバブル過ぎて」「キング」などとコメント欄に驚きの声が相次いで寄せられていた。

 レブロンはこの試合でダブルダブルを達成。ヒート時代の2012年と2013年、キャバリアーズ時代の2016年以来となる自身4度目の優勝へ向け、好スタートを切った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集